トップ > まなび・あそび > スポーツ > スポーツ行事 > 紫灘旗高校弓道大会

紫灘旗全国高校遠的弓道大会

更新日:201711021657

紫灘旗全国高校遠的弓道大会について

 「紫灘」とは、江戸時代・幕末期に水天宮(久留米市瀬下町)の祠宮(宮司)職であった真木和泉守保臣(従五位下和泉守平朝臣保臣)(1813年~1864年)の号です。
 氏は、儒学、国史、詩文・和歌に堪能で、とりわけ弓術は、かなりの腕前でありました。
 これを記念し、水天宮では弓道大会が開催されました。
 平成11年(1999年)、氏の没落135年、久留米市制110周年を記念し、近的競技による「紫灘旗高校弓道大会」を開催しました。
 平成18年(2006年)、財団法人地域活性化センター(当時)のスポーツ拠点づくり事業の指定を受け、第8回大会より遠的競技による「全国高校選抜弓道大会」となりました。

的を射る高校生の写真

一般財団法人地域活性化センターのマーク 一般財団法人地域活性化センター スポーツ拠点づくり推進事業ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

紫灘旗弓道大会の成績等について

事務局

事務局
久留米市市民文化部体育スポーツ課
(紫灘旗高校弓道大会実行委員会事務局)
〒830-0042 福岡県久留米市荘島町11-1(荘島体育館内)
電話番号:0942-30-9226
FAX番号:0942-38-2259
メールフォーム

このページについてのお問い合わせ

 市民文化部体育スポーツ課
 住所:久留米市荘島町11-1 荘島体育館内
 電話番号:0942-30-9226 FAX番号:0942-38-2259 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ