トップ > 組織からさがす > 選挙管理委員会 > お知らせ > 平成28年7月10日執行の参議院議員通常選挙について

平成28年7月10日執行の参議院議員通常選挙について

更新日:201801261121


参議院議員通常選挙 おもいをのせて 届け、私の声。

平成28年7月10日の日曜日は参議院議員通常選挙の投票日です。
選挙はこの国の今後を決める重要な選択の機会です。有権者の皆さん、投票に行きましょう!

候補者・政党等の情報

参議院議員通常選挙の候補者・名簿届出政党等の情報は、総務省や福岡県選挙管理委員会のホームページに掲載されています。

選挙公報

候補者の氏名や政党の名称、政見などを記載した選挙公報を、7月8日頃までにお届けする予定です。また、本庁舎や各総合支所、各市民センターなどにも備え置きます。

期日前投票

仕事や旅行などで投票日当日に投票所に行けない人は、期日前投票ができます。
投票所入場券を持参してください。
なお、入場券がなくても、投票ができます。運転免許証や健康保険証など本人確認ができるものを持参してください。

なお、平成28年7月5日火曜日の10時から17時までは、久留米大学御井キャンパスラーニングコモンズB・Cにも期日前投票所を設置します。(ただし、不在者投票の受付は行っておりませんので、ご注意ください。)

長期出張などで市外に滞在している人は

出張や旅行などで、投票日当日も期日前投票期間中も投票に行くことができない方は、久留米市選挙管理委員会に投票用紙等を請求し、滞在先の選挙管理委員会で不在者投票ができます
参議院議員通常選挙不在者投票請求書兼宣誓書PDFファイル(151キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
参議院議員通常選挙不在者投票請求書兼宣誓書(記載例)PDFファイル(180キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
請求書兼宣誓書は、830-8520 福岡県久留米市城南町15番地3 久留米市選挙管理員会へ郵送または持参してください。

詳しくは不在者投票(滞在地投票)のページをご覧ください。

不在者投票(滞在地投票)の投票期間は期日前投票と同じ期間ですが、手続きに時間がかかりますので、余裕を持って手続きをしてください。

病院などへ入院や入所をしている人は

病院に入院していたり、老人ホームなどの施設に入所している人は、施設での不在者投票ができることがあります。
その施設が都道府県から不在者投票ができる施設として指定を受けていることが必要です。指定を受けているかどうかは、施設の責任者にお問い合わせください。

詳しくは不在者投票(指定施設での投票)のページをご覧ください。

郵便等による不在者投票

要件に該当し、郵便等投票証明書の交付を受けている人は、郵便等投票ができます。

すでに郵便投票証明書をお持ちの方は、平成28年7月6日水曜日17時(必着)までに投票用紙を請求してください。

詳しくは不在者投票(郵便等投票)のページをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

 選挙管理委員会事務局
 電話番号:0942-30-9238 FAX番号:0942-30-9752 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ