トップ > 創業・産業・ビジネス > 雇用・労働 > 事業主向け支援 > 久留米市雇用奨励金

久留米市雇用奨励金

更新日:202108161322


 久留米市では、特定求職者雇用開発助成金(注意)(以下、国の助成金)このリンクは別ウィンドウで開きますの支給終了後も、障害者、母子家庭の母等・父子家庭の父(児童扶養手当を受けている者に限る)を引き続き雇用する事業主に賃金の一部を助成します。
(注意)ここでは、特定求職者雇用開発助成金のうち、特定就職困難者コースを指します。
  なお、制度改正により令和3年4月1日から、高年齢者(65歳以上)は、対象労働者から外れます。ただし、経過措置として令和3年3月31日までに雇い入れられた方は、対象労働者となります。

この助成金は、予算の範囲内で助成しますので、予算上限に達した場合、申請受付は終了します。

支給対象事業主

国の助成金の対象労働者のうち、次に該当する人を久留米市内の事業所に雇用している事業主

対象事業主は、次の条件をすべて満たしていることが必要です。

支給対象期間

国の助成金の支給対象期間が満了した日の翌日から6ヵ月間

申請手続き

支給額

久留米市雇用奨励金
対象労働者 支給額 支給限度額(注意1)
重度障害者(身体・知的)
45歳以上の障害者(身体・知的)
支給対象期間に支払った
賃金総額の 1/3の額
30,000円×月数
(最高:18万円)
45歳未満の知的障害者 
精神障害者
支給対象期間に支払った
賃金総額の 1/3の額
25,000円×月数
(最高:15万円)
上記以外の人
45歳未満の身体障害者
母子家庭の母等
父子家庭の父(児童扶養手当を受けている者に限る)
支給対象期間に支払った
賃金総額の 1/4の額
20,000円×月数
(最高:12万円)

支給額等に変更が生じる場合がございますので、ご了承ください。
注意1 支給対象期間の月数により支給限度額は、異なります。

その他条件など

 平成22年10月1日より久留米市暴力団排除条例が施行され、暴力団員もしくは暴力団員と密接な関係を有する者と判明した場合は不交付や支給した奨励金を返還していただくことになります。
 また、全ての申請について警察への照会を行いますので、ご了承ください。

久留米市雇用奨励金の申請をされる場合は、下記要綱等を必ずご確認ください。

申請手続き

 久留米市雇用奨励金の支給対象期間が満了した日の翌日から2か月以内に申請書を下記提出先へ提出してください。
ただし、支給対象期間が満了した日までに国からの助成金の最終期の通知を受けていない場合は、国の通知日の翌日から2か月以内に申請書を提出してください。申請用紙はホームページからダウンロードできます。

(注意)高年齢者については、支給対象期間が満了した日の翌日から2か月以内。その期間内に国からの助成金の最終期の通知を受けていない場合は、国の通知日の翌日から1か月以内に申請書を提出してください。なお、高年齢者について申請される場合は、問い合わせ先へご連絡ください。申請書を送付いたします。

久留米市雇用奨励金申請書類一式

問い合わせ先・申請書提出先

久留米市商工観光労働部労政課(久留米市役所11階)
電話番号:0942-30-9046
FAX番号:0942-30-9707

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部労政課
 電話番号:0942-30-9046 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ