トップ > 暮らし・届出 > 環境・ごみ・リサイクル > 環境ポータルサイト ecoco「エココ」 > 出展団体紹介コーナー【WEB環境フェア2024】

出展団体紹介コーナー【WEB環境フェア2024】

更新日:202406130840


団体・企業などの環境への取組紹介

さまざまな団体・企業の環境への取り組みを写真や動画を使って紹介します。
(注意1)写真や紹介文、動画については、団体等から提出されたものをそのまま掲載しています。
(注意2)取組順、五十音順で掲載しています。

地球温暖化対策

河川清掃活動の様子 団体:北筑後地域環境協議会このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:本協議会は、住民・事業者・行政が協働し、地域の環境教育・環境保全活動を推進していくことにより、地域の環境活動の担い手の育成を図るとともに、より良い環境を目指した地域づくりを目的としています。
(1)低炭素社会の推進(2)循環型社会の推進(3)自然共生社会の推進、その他環境保全活動に関する事業を行い、協議会構成機関の持つ専門的知見及び地域情報等をもとに、地域特性に応じた企画・調整・実施するとともに、地域主体の活動を支援しています。
動画リンク CARBON QUEST-福岡県510万人の勇者の選択-このリンクは別ウィンドウで開きます
動画リンク 【余箇 健のハイコレ!】福岡県だより9月号_食品ロス削減このリンクは別ウィンドウで開きます 


久留米ガスのパネル 団体:久留米ガス株式会社このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:当社は、地域密着型の企業づくりを目指し、「ガスを通じて安全で快適な暮らしを提供する」という企業理念のもと、安定した供給、保安品質の向上、お客様の満足できるサービスの提供に日々努めております。●家庭用潜熱回収型給湯暖房器等高効率ガス機器、環境機器の普及促進 ●燃料電池システム(エネファーム)の普及促進 ●ガス発電+太陽光発電のダブル発電システムの啓発・普及促進


発電体験の様子 団体:パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:(1)商品のライフサイクルにおけるエネルギーの有効活用(CO2排出量の削減)、資源循環の促進、水使用量の削減、化学物質管理の強化、さらに生物多様性に配慮した環境活動を推進します。(2)環境目標を定め、全部門で環境マネジメントシステムを継続的に改善。(3)環境関連法規制並びに関連する団体等と同意した環境配慮事項を順守。(4)環境に関する教育および啓発活動、情報開示に努めます。(5)国や地域、その他関連団体等の活動・行事への協力・支援を通じ、社会貢献に努めます。


クロネコ、シロネコの写真 団体:ヤマト運輸株式会社このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」。これは、持続可能な未来を切り拓く将来の姿としてヤマトグループが掲げた環境ビジョンです。人や資源、情報をこれまで以上に高度につなぎ、環境や生活、経済によりよい物流を目指しています。100年以上続いた事業が将来世代にも愛され、環境と調和して、続けていけるように、日々の取組みから変革しています。また次世代を担うこどもたちへの環境教育をサポートするため「クロネコヤマト環境教室」を開催しています。小学校4年生~6年生を対象に、こどもたち一人ひとりの小さな取組の積み重ねが地球にやさしい行動や地域の環境保全につながることを学び、自分たちにできることを考えるきっかけとなる授業を行っています。

生物多様性の保全

イベント時の集合写真 団体:ダイハツ工業株式会社このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:福岡県久留米市環境保全課と協働で小学生と保護者向けに自然観察会「くるめ生きもの探検隊inダイハツ工業」を開催しており、今年は3回目になります。このイベントは、九州開発センター敷地内の豊かな自然環境を活かし、芝生エリアや内製ビオトープでの生きもの捕獲・AI図鑑(アプリ)による生きもの名前調査・観察など、私たちの暮らしを支える「生物多様性」について体験し、学習する内容です。
地域貢献の一環として実施していますが、九州開発センターで業務を行えるのは、地域・地元の皆様の理解があるからこそです。感謝の気持ちを持ち、地域貢献の一環として子供たちの輝く未来のために開発センターを地域の環境教育の場所として提供しています。


イベント時の集合写真 団体:筑後川まるごと博物館運営委員会このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:「筑後川防災施設くるめウス」を拠点に、市民や子供たちが筑後川や水とその環境について楽しく学び親しめる多様な活動を行っています。市民向け公開講座や、くるめウスでの「子ども学芸員養成講座」や「高良川子ども昆虫探検隊」など筑後川の自然豊かな環境で子どもたち向けの自然体験活動を行っています。また、私たちの身近な“水”について楽しく学ぶ、プロジェクトWETを活用した環境体験学習「体験ゲームでわかる“水のふしぎ”」では「水の大切さ」や「水の性質」、身近な環境についてわかりやすく学べます。申込みは「子どもキャンパス体験学習予告ページこのリンクは別ウィンドウで開きます」へ


店舗の外観 団体:POLA 久留米明治通り店このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:POLAではスキンケアのリフィル化やWEBパンフレット、森林認証紙やフェアトレード香料の使用、マイクロビーズ対応環境に配慮した素材の採用など『お客様の嬉しい』と『地球にやさしい』の両立に取り組んでいます。また、POLA久留米明治通り店ではお客様とともにキレイを実現しながら、環境負荷を軽減するためショッピングバッグの削減や化粧品の空き箱を保育園などの施設に子供たちの工作用にリユース活動なども積極的に取り組んでいます。

環境美化

清掃活動の様子 団体:九州電力株式会社久留米営業センター
取組:■九州電力グループ(九州電力久留米営業センター・九州電力送配電久留米配電事業所・九電送配サービス久留米サービスセンター・九電ネクスト久留米営業所)の環境への取組み〔地域と一体となった環境保全活動への参加・実施〕
(1)事業所周辺清掃活動(2)WeLove協議会まちなか清掃活動への参加(3)久留米市ほとめき除草(4)筑後川河川美化ノーポイ運動への参加(5)「水の祭典久留米まつり」クリーンパレードへの参加(6)篠山城址清掃活動の実施(7)高良大社桜木伐採活動


清掃活動の様子 団体:Good Newsこのリンクは別ウィンドウで開きます
取組:Good Newsは2008年2月に発足しました。毎月第2土曜日、筑後川のリバークリーン活動や自然体験活動を行っています。合言葉は「エコよりもニコ」。ゴミ拾い活動だけでなく、自然と親しむ活動を行うことで、筑後川を好きになってくれる人が増え、「大事にしたい」という想いを育んでくれたらと思っています。
動画リンク 日本財団「海と日本プロジェクト」動画このリンクは別ウィンドウで開きます


清掃活動の様子 団体:久留米環境維持管理業協同組合
取組:平成10年4月、下水道管浚渫・維持管理業務の共同受注を主な事業として、5事業者にて組合を設立しました。25年以上にわたり公共下水道管の維持管理業務等に質の高い業務を遂行しています。平成20年に久留米市と「災害時の応急対策に関する基本協定書」を締結し、豪雨や道路陥没等の災害発生時、重要なライフラインである公共下水道施設の迅速な機能回復に貢献しています。令和6年度は、大橋校区で実施されました浚渫ボランティア「みんなで流域治水」へ当組合も高圧洗浄車・強力吸引車等の作業機械を含めて参加をし、市民の快適な生活環境の向上に寄与できるよう取り組んでいます。


清掃活動の様子 団体:久留米市ふれあい都市推進協議会
取組:当協議会は、久留米市の都市宣言の1つである「ふれあい都市宣言」の趣旨に基づき平成元年に設立された団体で、市民の心を豊かにする活動を積極的に行い、緑と心の豊かな街をつくることを目的に活動しています。当協議会では、環境美化促進のため世界環境デー(毎年6月第1日曜日)に都心部道路美化キャンペーン清掃活動を実施し、環境フェア・筑後川ノーポイ運動に参加しています。また、協議会の構成団体も、校区一斉環境美化活動・池町川清掃・筒川清掃・不法看板の撤去などを実施しています。


全清飲のロゴ 団体:一般社団法人 全国清涼飲料連合会このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:全国清涼飲料連合会(略称:全清飲)は、公共の利益と調和のとれた清涼飲料業の発展、清涼飲料の品質の向上と安全の確保、清涼飲料の健全な消費のための正しい知識の啓発普及の3点を活動理念に事業を行っています。その取り組みの一環として、リサイクルボックスの正しい使い方などの啓発を行っております。
動画リンク ペットボトル啓発動画このリンクは別ウィンドウで開きます
動画リンク 回収されたペットボトルって何に生まれ変わるの?このリンクは別ウィンドウで開きます
動画リンク ペットボトル資源循環このリンクは別ウィンドウで開きます


イベント時の集合写真 団体:鷹正宗株式会社このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:地元久留米にて創業天保年間。目指すところは「お客さんにいちばん近い酒造会社」笑顔がはじけるような、そんなお酒を造ることを目指してきました。
2022年3月より「くるめクリーンパートナー」へ加入。その後「スポGOMI]の参加や「かっぱの森Jクレジット」の購入など、久留米市の環境配慮への取り組みに共感し活動を行って参りました。近年では社全体が環境配慮に意識をした行動が出来るようになっております。これからもお客様に笑顔をお届けし続けるためにも、事業を通じて持続可能な社会の実現に積極的に取り組んでまいります。



資源循環の大切さをみんなに、未来に 団体:公益社団法人福岡県産業資源循環協会 筑後支部このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:当協会は「資源循環の大切さをみんなに未来に」をキーメッセージとして、SDGsの達成と公益の一層の増進に向けて、産業廃棄物の適正処理の推進、資源循環による持続可能な循環型社会形成に寄与する様々な活動を展開しています。


団体活動の様子 団体:一般財団法人福岡県浄化槽協会このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:浄化槽法第57条に基づく指定検査機関として浄化槽の法定検査や、濃度計量証明事業所として浄化槽放流水の水質検査を行っています。また、浄化槽の普及啓発や環境保全活動の一環として、SDGsやエコアクション21にも取り組んでいます。


蜂の巣 団体:福岡県ペストコントロール協会 筑後支部
取組:環境や人体へ害を及ぼす害虫・害獣の駆除や対策等の相談を受けております。例として(写真)蜂の巣は、植木、のき下、天井裏等に作る事が多いです。


せっけんづくりの様子 団体:まるは油脂化学株式会社このリンクは別ウィンドウで開きます
取組:まるは油脂では合成成分を使用しない無添加石鹸の製造を行っております。植物油とアルカリで製造した石鹸は弱アルカリ性で、中性から酸性になると洗浄力を失います。また、一定の濃度より薄くなっても洗浄力を失い、石鹸カスとなります。石鹸カスは微生物や小魚のえさとなり、自然環境で循環します。人のお肌もバリヤ機能で弱酸性に保たれています。お肌を洗った後しっかりすすいでも少しは洗浄剤が残ってしまいます。お肌に残った場合でも濃度は薄くなりますし、お肌はバリヤ機能で弱酸性になるため、洗浄力を失い、刺激になりません。循環分解しやすく、人のお肌と自然環境にやさしい製品となっております。

センターの外観 団体:久留米市動物管理センター
取組:当センターでは、犬・猫の飼い主さんに守っていただくルールやマナーの啓発等を行い、人と動物が共生できる社会を目指しております。今回の環境フェアでは、愛犬の散歩をする時のルールとマナー、猫の飼い主さんへのお願いなど、様々な啓発・PRをさせていただきます。

団体活動の様子 団体:都市建設部 公園緑化推進課
取組:久留米市では、市民の皆さんが花と緑の憩いの場として主体的に管理する花壇を「市民とつくる花と緑の名所」に指定し、花苗や園芸資材の提供と技術的支援を行っています。令和6年4月1日現在で指定箇所は87箇所(休止箇所含む)あり、多くのボランティアの皆様にご協力いただいています。
動画リンク 市民とつくる花と緑の名所-新しい名所ができるまで-このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 環境部環境政策課
 電話番号:0942-30-9146 FAX番号:0942-30-9715 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ


チャットボットを閉じる
AIチャットボット(別ウィンドウで開きます)