トップ > 組織からさがす > 商工観光労働部観光・国際課 > お知らせ > 第53回水の祭典久留米まつり開催

第53回水の祭典久留米まつり開催

更新日:202407051156


今年も熱い!くるめの夏のフェスティバル

夏の風物詩が4年ぶりに通常開催 久留米が一番燃え上がり、熱くなるサマーフェスティバル「水の祭典久留米まつり」を今年も開催します。明治通りでのマーチングやストリートパフォーマンスを始めとするパワーストリートや太鼓響演会、1万人のそろばん踊りやファイナルなどが催され、町中が賑わいます。
令和6年7月21日(日曜日)の「子ども太鼓フェスティバル」で幕を開け、8月3日(土曜日)は「前夜祭」、8月4日(日曜日)は「本祭」が開催されます。

子ども太鼓フェスティバル

水の祭典プレイベント。子どもたちが和太鼓演奏を披露します。六角堂広場でさまざまなイベントも実施。

子ども太鼓フェスティバル

前夜祭

本祭出場チームによるそろばん踊りやダンス、歌で、祭り気分を高めます。

前夜祭

本祭

明治通りを中心に、まちなかの各会場でパレードや和太鼓演奏などを行います。オープニングセレモニーには、久留米青年会議所による「河童山車久留米九千坊」や自衛隊の「高牟禮祝山車」など迫力のある山車も登場。祭りの始まりを盛り上げます。

久留米九千坊

子どもみこしやマーチングバンドなどが、明治通りの約1キロメートルをパレードします。市消防団による有馬火消し行列隊も出場。六角堂広場など6会場では、ダンススクールやよさこいチームなどがパフォーマンスを披露します。

パワーストリート

筑後一円と佐賀から和太鼓チームが集結します。力強い音で祭りを盛り上げます。

太鼓響演会

六ツ門交差点の本舞台を中心に、踊り連がそろばんを鳴らしながら練り歩きます。

そろばん総踊り

有馬火消しはしご隊が、高さ約8メートルのはしご上で演技を披露します。

有馬火消しの祭典

「音と水の供宴・ウォーターイルミネーション」を行います。水を噴き上げ、色とりどりのウォーターカーテンで祭りを締めくくります。

ウォーターカーテン

令和6年8月4日(日曜日) 交通規制図

交通規制図

ピンク→13時から22時まで車両通行止め

茶色 →17時から22時まで車両通行止め

黄色 →13時から22時まで車両の進入制限あり

(補足)時間帯によって通行止めになる箇所もあるので、注意してください。規制は変わることがあります。当日は誘導に従ってください。

問い合わせ先

くるめ水の祭典振興会事務局(久留米観光コンベンション国際交流協会内)

電話:0942-31-1717 FAX:0942-31-3210

水の祭典久留米まつり公式ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部観光・国際課
 電話番号:0942-30-9137 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ


チャットボットを閉じる
AIチャットボット(別ウィンドウで開きます)