トップ > 組織からさがす > 農政部生産流通課 > お知らせ > わら等の野焼きトラブルを防ぐために

わら等の野焼きトラブルを防ぐために

更新日:201810291015


 毎年、周辺住民の方から、稲わら等の野焼きによる煙の苦情が寄せられています。

 廃棄物の焼却については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、原則禁止とされ、農業分野においても稲わら等の焼却防止が求められています。

 例外的に、麦の収穫から田植え準備までの期間が無い場合、病害虫防除のため等により営農上やむを得ないものとして行われる稲わら等の焼却のみ例外的に認められていますが、火災の危険がある場合や、煙の臭い等により近隣の方へ迷惑がかかる場合など、生活環境に支障が生じるものについては、中止していただく場合もあります。

 やむを得ず、わら等の焼却を行う場合には、煙の量や臭いが近所の迷惑にならないよう配慮するとともに、一旦点火したら確実に消火の確認ができるまではその場を離れず、万が一の場合に備え、十分な消火用水を準備してください。

 収穫後のわらは貴重な有機質資源ですので、畜産・園芸作の敷きわらとしての活用や、農地へのすき込みによる土づくりへの活用等、環境にも人にもやさしい農業を実践しましょう。

このページについてのお問い合わせ

 農政部生産流通課
 電話番号:0942-30-9164 FAX番号:0942-30-9717 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ