トップ > 組織からさがす > 協働推進部安全安心推進課 > お知らせ > 交通事故から子どもを守ろう

交通事故から子どもを守ろう

更新日:202108270928


千葉県で小学生が犠牲となる交通事故が発生

令和3年6月28日、千葉県で下校中の小学生の列に飲酒運転によるトラックが突っ込み、5人が死傷する交通事故が発生しました。
歩行者の安全を守るのは、ドライバーの義務です。
自分自身の運転に責任を持ち、歩行者の安全確保に努めましょう。

子どもの交通事故防止

夏休みに入り、子どもたちが外出する機会が増えます。
交通事故から子どもたちを守るため、交通ルールの遵守と正しい交通マナーを実践しましょう。

年齢別の歩行中死傷者数(平成28年~令和2年) 【図】年齢別の歩行中死傷者数(平成28年~令和2年) 出典:福岡県警統計資料
歩行中の交通事故死傷者数(軽症者を含む)は、「小学生」が多い

通学路エスコート作戦 千葉県で起きた児童5人の死傷事故を受け、令和3年7月12日から20日まで「通学路エスコート作戦」として、下校途中の児童たちの見守り活動を実施。写真は、16日に南校区の学園通りで実施した様子で、久留米署の警察官や地域のボランティアなどが参加。

飲酒運転等の危険運転の防止

福岡県では、福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例の定めるところにより、毎月25日は「飲酒運転撲滅の日」とされています。
久留米市は、警察や事業者、ボランティアの皆さんと協力し、啓発活動などを実施しています。

福岡県飲酒運転撲滅条例チラシPDFファイル(2862キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます 内閣府令で定める安全運転管理業務チラシPDFファイル(77キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部安全安心推進課
 電話番号:0942-30-9094 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ