トップ > 計画・政策 > 人権・同和問題・男女平等 > 啓発及びその他の事業の案内 > 平成29年度男女共同参画フォトコンテストの審査結果について

平成29年度男女共同参画フォトコンテストの審査結果について

更新日:202112231544


 概要

 現在は、イクメン、カジダン(子供含む)、イクジィ(注意1)など、普通に家事・育児をする男性が増えつつあります。一方で、「家事は女性の仕事」との意識を根強く持っている人も多く、家事・育児の負担が女性に偏りがちです。(注意2)
そこで、男女共同参画(注意3)社会の実現に向け、男性が家事・育児を行うきっかけとしていただくため、男性が家事・育児をしている様子を収めたフォトコンテストを実施します。
 対象は、最近、家事・育児を始めてみた人、家事・育児を普通のこととしている人など様々です。「自分も家事・育児をやってみよう」、「これなら、今以上に家事・育児ができそうだ」、「家事・育児を通して家族を笑顔にしたい」と思いたくなるような写真を、お待ちしております。

受賞作品

 平成29年7月1日から8月15日にかけて募集した男女共同参画フォトコンテストの作品は、38点の作品をご応募いただきました。今回、審査委員による審査および市民投票の結果、次の作品が優秀賞および市民特別賞と決定しましたのでお知らせします。
 優秀賞は、平成29年10月8日に表彰式を執り行った上、ご応募いただいた作品はえーるピア久留米にて展示を行いました。

優秀賞

蒲池 信介 様

「パパ~!!絵本読んでー!!」

パパ~!!絵本読んでー!!」

【写真挿入】第3子誕生に伴い、育休を取得しました。
毎週水曜日は保育園のノーテレビデー。
「お化けの絵本、借りてきたよー!!」と嬉しそうな子ども達。

ドキドキ、ワクワクのお話に読み聞かせるパパも一緒に楽しんでます。


田中 晶子 様

「日課 -我が家はみんなで家事分担-」

日課~我が家はみんなで家事分担~

[日課 -我が家はみんなで家事分担-] 5年前の義父と息子です。会社人間だった父も、退職後は自然と家事をするようになりました。たたんでいるのは祖母のパジャマ。家族で協力して看取りました。
父も2年前に亡くなりましたが、大切なルールは子ども達に引き継がれています。


田中 真人 様

「梅仕事やれば我が子もついてくる。」

梅仕事やれば我が子もついてくる。

[梅仕事やれば我が子もついてくる。]  我がチーム(家族)は、全員がオールラウンド(一人前)を目指しています。キャプテン(父)が積極的にプレイ(家事)すれば、メンバー(子ども)もついてきます。出来上がった梅シロップは皆でおいしくいただきます。

市民特別賞

 平成29年8月21日から9月3日にかけて行った市民投票により、最も多く市民から投票された作品を市民特別賞としております。今年度は、投票の結果、次の作品が市民特別賞となりました。
なお、投票された方からは、「自分もやってみようと思う」や「講座を受けて意識が変わったところがよかった」という感想をいただきました。

髙田 享 様

「風呂の清掃」

風呂の清掃

[風呂の清掃] 男女共同参画の講座を受けるたびに、男も女性と一緒で「何かせにゃいかん」と思っていたので、風呂の清掃をしました。

表彰式および写真の展示

表彰式

表彰式は、久留米女性週間記念事業「くるめフォーラム2017」において執り行われます。

応募写真の展示

ご応募いただいた作品は、次の通り展示を行した。

平成29年10月1日(日曜日)~10月8日(日曜日)9時から21時30分
(注意)10月8日のみ、展示時間は16時までとなります。

えーるピア久留米 市民ギャラリー

過去の作品

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部男女平等政策課
 電話番号:0942-30-9044 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ


チャットボットを閉じる
AIチャットボット(別ウィンドウで開きます)