トップ > 計画・政策 > 監査 > 監査の概要 > 監査方針

監査方針

更新日:202204010830


令和4年度 監査実施方針

基本方針

  1. 財務事務の合規性及び事務事業の経済性・効率性・有効性 並びにコンプライアンス確保の視点からの監査
    監査対象部局の財務関係書類を基に、事務執行の正確性や法令等に従って行われているかという合規性及び最小の経費で最大限の成果が出ているかという経済性・効率性、事業の目的を十分に達成し効果を上げているかという有効性並びに事務執行に当たりコンプライアンスが確保されているかといった視点を持って、監査に取り組む。
  2. リスクの重要性に応じた監査及び再発防止への取組
    過去の指摘事項や他自治体の事例により事務執行上のリスク(組織目的の達成を阻害する要因)を明らかにするべく資源(監査の人員や時間)を配分した監査を行う。また、指摘事項やその分析結果を全庁へフィードバックするとともに、指摘事項に対する改善状況の確認を行い、ミスの再発防止に対する職員の意識向上を図り、内部統制が有効に機能する取組を支援する。
  3. 市民へのわかりやすい情報提供及び市政への信頼確保
    市民目線に立った監査を実施し、監査結果や決算審査意見書等の監査に関する情報を「広報久留米」やホームページを活用して市民にわかりやすく情報提供することにより、透明性を高め、市民への説明責任と市政に対する信頼確保に寄与することを目指す。

監査別実施方針

  1. 定期監査(財務監査・事務監査)
    事務事業は社会情勢や行政需要の変化に対応し適正かつ効果的に行われているか、予算の執行は計画的かつ効率的に行われているか、コンプライアンス確保のためにどのような取組を行っているかについて監査を行う。また、監査結果については、不適正事項の指摘だけでなく是正・改善を求めていく。
  2. 財政援助団体等監査
    市が出資及び財政援助を行っている団体等並びに公の施設の指定管理者を対象に、市からの出資等の目的に沿って事業が適正かつ効果的に行われているか、併せて所管部局による当該団体への指導監督や助言が適切に行われているかなどについて監査を行う。また、公認会計士の専門的な知識を活用し、監査の充実を図る。
  3. 工事監査
    専門家の知見の活用を図り、工事の設計・施工などが適法かつ合理的・効率的に行われているか、また費用対効果の経済的な視点に意を用い、土木・建築・設備工事等から対象工事を選定して監査を行う。
  4. 行政監査
    効果的・効率的な財政支出と内部統制機能の適正な運用の視点も踏まえて新たにテーマを設定し、実施計画の立案と調査等に着手する。
  5. 決算審査
    決算等審査は、財務事務の合規性・正確性の視点のもと、予算執行並びに事業実施が適正かつ効率的・効果的に行われているかについて審査する。また、より精度の高い審査や監査を行うため、公認会計士の専門的な知識を活用して決算数値の分析向上を図る。
  6. 基金運用状況審査
    基金の運用状況を示す書類の計数が正確であるかに視点を置き、基金が設置目的に沿って運用されているかを審査する。
  7. 財政健全化判断比率審査及び資金不足比率審査
    財政健全化判断比率及び資金不足比率の算定の正確性に視点を置き、算定基礎書類が適正に作成されているかを審査する。
  8. 例月現金出納検査
    会計管理者及び企業管理者等が保管する現金(預金、有価証券含)の出納事務が適正に行われているかを検査する。
  9. その他の監査
    その他の監査を実施する必要が生じた場合は、その都度別途計画を策定した上で、実施する。

このページについてのお問い合わせ

 監査委員事務局
 電話番号:0942-30-9232 FAX番号:0942-30-9718 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ