トップ > 計画・政策 > 市議会 > 市議会のしくみ > 市議会の主なしごと

市議会の主なしごと

更新日:202205181529


市議会は、市民の代表として十分な活動ができるように議決権、調査権、監査請求権など多くの権限をもっています。これらの権限に基づいて、市議会は次のような仕事をしています。

市議会の権限について
議決 市議会の最も基本的な仕事で、条例や予算を定めたり決算の認定など、市の重要な問題について決定します。
同意 副市長や監査委員などを市長が選任する場合に、議会の同意が必要です。
検査、監査の請求 市の事務等について検査したり、監査委員に対して監査をするよう求めます。
調査 市の事務について調査する権限で、必要によっては執行機関だけでなく、外部の関係者に対して出頭や証言、資料の提出を請求します。
質問 市政全般について質問したり、報告を受けたりして、市の仕事が正しく行われているかチェックします。
請願の審査 住民の皆さんから提出された請願について審査します。
意見書 市の公益に関わることがらで、市だけでは解決できないことについて、国や県などの関係機関に意見書を提出します。

このページについてのお問い合わせ

 議会事務局
 電話番号:0942-30-9305 FAX番号:0942-30-9720 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ