トップ > 計画・政策 > 市長のへや > 市政運営方針 > 市政運営方針(現状認識)

市政運営方針(現状認識)

更新日:202203111335

長期化する新型コロナウイルス感染症

 世界的に新型コロナウイルス感染症の猛威に直面し、社会や経済に加え、人々の行動や価値観までも大きく変化している。感染症の影響が長期化する中、市民の生命と健康、生活、事業や雇用を守り、新しい成長へとつなげていくためにも、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図りつつ、感染症対策を最優先に取り組んでいく必要がある。

頻発・激甚化する自然災害

 近年の気候変動の影響などにより、自然災害の頻発・激甚化が強まる中、久留米市 においても大規模な浸水被害が発生している。度重なる水害での課題を踏まえながら、ハード・ソフト両面から総合的な対策を迅速かつ着実に進め、安心・安全な暮らしを実現することが急務となっている。

進行する人口減少社会

 全国的な人口減少・少子高齢化が進行する中、久留米市においても、出生数の減少や福岡都市圏への人口流出など人口減少傾向が継続している。久留米市が今後も持続的に発展していくためには、一定の人口規模を維持していくとともに、将来的な人口減少を見据えたコンパクトな都市づくりや近隣自治体との一層の連携が不可欠である。

▲このページの先頭へ