トップ > 観光魅力・イベント > 文化・芸術 > その他の文化事業 > 令和4年度伝統文化親子教室事業(文化庁補助事業)のご案内

令和4年度伝統文化親子教室事業(文化庁補助事業)のご案内

更新日:202205251438


伝統文化親子教室について

文化庁では、次代を担う子どもたちが、民俗芸能、工芸技術、邦楽、日本舞踊、茶道、華道などの伝統文化に関する活動を、計画的・継続的に体験・修得できる機会を提供する活動に対して支援を行っています。全国で毎年3,000以上の伝統文化親子教室が開催されています。

令和4年度伝統文化親子教室事業の募集について(受付期間は終了しました)

応募団体(事業者)の要件

【教室実施型】
伝統文化等の振興等を目的とする団体であり、かつ、次のいずれかに該当する団体とする。

  1. 一般社団法人・一般財団法人
  2. 公益社団法人・公益財団法人
  3. 特定非営利活動法人
  4. 法人格を有しないが、次の要件をすべて満たしている団体
    定款、規約等を有すること
    団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
    自ら経理し、監査する組織を有すること
    団体活動の本拠としての事務所等を有すること
    (注意)上記要件を満たす団体であっても、公的施設の指定管理者として応募することはできません。

【統括実施型】
伝統文化等の振興等を目的とする複数の団体で構成する統括団体であり、かつ、次の要件を満たす団体とする。

  1. 一般社団法人・一般財団法人
  2. 公益社団法人・公益財団法人
  3. 代表団体が支部等の下部団体である場合には、本部が上記1・2の法人格を有し、次の要件をすべて満たしている団体
    定款、規約等を有すること
    団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
    自ら経理し、監査する組織を有すること
    団体活動の本拠としての事務所等を有すること

(補足)構成団体の要件については、教室実施型と同じ

対象となる事業

  1. 伝統文化親子教室
    次代を担う子どもたちを対象に、伝統文化等に関する活動を計画的、継続的に体験・修得できる取組及び教室で修得した技芸等の成果を披露する発表会や、地域で開催される行事等へ参加する取組。
  2. 「放課後子供教室」と連携した取組
    連携対象となる取組は、「放課後子供教室」として、伝統文化等に関する活動を体験する機会を提供する取組。

応募書類

  1. 提案書等
    募集案内の応募様式1、2‐1、2‐2、3、ア、イ、エ(イは複数の団体で構成する実行委員会または統括団体のみ)
  2. その他必要となる資料
    団体規約
    役員名簿

詳しくは、文化庁ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

提出先

久留米市市民文化部文化振興課
〒830-8520 福岡県久留米市城南町15番地3
電話0942‐30‐9224

提出期限

令和3年12月3日(金曜日)必着

合格事業一覧(リンク)

令和4年度 第一次審査合格事業一覧(教室実施型)このリンクは別ウィンドウで開きます

令和4年度 第一次審査合格事業一覧(統括実施型)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 市民文化部文化振興課
 電話番号:0942-30-9224 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ