トップ > 健康・医療・福祉 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 精神保健 > 新学期がゆううつなあなたへ

新学期がゆううつなあなたへ

更新日:202208151308


 「新学期のことを考えるとゆううつ」「なんだか学校に行きたくないな」
夏休みが終わる時期になると、気持ちがもやもやする人もいるかもしれません。
小中高校生をはじめとする若者のみなさんにとって、こころの健康はとても大切なことです。

心のSOSのサインに気づこう

 友達とうまくいかなかったり、先生や親とケンカをしてしまったり、そんなストレスから気分が落ち込んで元気がなくなったり、イライラしておこりっぽくなったりするのはごく自然なことです。
 しかし、こうしたつらさがいつまでも消えずに、こころの中にとどまっていると、「気分が落ち込む」「何をしても楽しくない」「眠れない」「ごはんがおいしく感じない」などの心のSOSのサインが出てくることがあります。また、こころの調子が悪いことが原因であっても、「頭が痛い」「お腹が痛い」などからだの調子が悪くなることもあります。

自殺予防週間ポスター

なやんだときの相談先(おもに18歳以下が対象)

 今、抱えているなやみを相談しようと思っても、どんな風に話せばいいのか迷ったり、話してもわかってもらえないと思うかもしれません。しかし、誰かに話すことで、一人では思いつかなかった考え方に気づいたり、なやみの答えが見つかったりすることもあるかもしれません。なやみを全部話す必要はありません。まずは、あなたの気持ちを誰かに話してみませんか。
 友達や先生、家族などまわりの人に相談したり、まわりに相談できる人が見つからなくても、相談できるところがあります。相談は無料です。秘密は守ります。

 次のホームページには、あなたがなやみや不安を抱えて困っているときの相談窓口をまとめています。電話やSNSなど相談方法もいろいろなものがあるので、ご希望の窓口を選んで話してみませんか?
 厚生労働省「まもろうよ こころ」ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

 気分転換したいときに活用できる公共施設

 「なんとなくぼーっと過ごしたい」「誰にもじゃまされず、ゆっくりしたい」「一人になりたい」など、自分の時間を過ごしたいときや、なやんだときに気持ちを落ちつける場として、共用スペースの活用ができる公共施設があります。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9728 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ