トップ > 暮らし・届出 > 選挙 > 選挙制度 > 投票日当日に投票する

投票日当日に投票する

更新日:202108251714


投票日当日に投票するには

投票できる場所

あなたの投票所は選挙管理委員会から送付される「投票所入場券」に記載されています。
また、告示日に新聞各紙に折り込まれる「選挙のお知らせ」に投票所の地図も記載しています。

投票できる時間

投票時間は、投票日当日の 午前7時から午後8時 までです。

投票の方法

  1. 投票所に「投票所入場券」を持参し、投票用紙を受け取ります。
  2. 投票用紙に候補者1名の氏名を正確に記載します。(誰に投票したのか分からない投票や、候補者名以外のことを書いた投票は無効になります。)なお、衆議院比例代表選出議員選挙の場合は 政党名を、参議院比例代表選出議員選挙の場合は 候補者の氏名または政党名を記載します。
  3. 記載した投票用紙を投票箱に投函します。

 これで投票は完了です。おつかれさまでした。

点字投票・代理投票

保護者の皆様へお知らせ

投票所には、子ども(年齢が18歳未満の方をいいます。)と一緒に入ることができます。

子育て世代の皆様が選挙に行かなければ、意見が反映されず、ないがしろにされてしまう可能性もあります。逆に、選挙に行けば、今後もっと子育て世代のための政策が充実してくる可能性もあります。

まだ自分で投票することができない子どもたちのためにも、子育て世代の皆様には一票を大切にしていただきたいのです。

また、総務省の「18歳選挙権に関する意識調査」では、子どもの頃、親と一緒に投票所に行った経験のある人は、自らが有権者になった時に投票に行く人が多いという結果もあります。ぜひ、お子さまも一緒に投票所に足を運んでいただき、投票の様子を見せてあげてください。

(お子さまが投票所内で大声を出したり、走り回ったり、他の人に迷惑をかけないようご配慮ください。)

みんなで投票

このページについてのお問い合わせ

 選挙管理委員会事務局
 電話番号:0942-30-9238 FAX番号:0942-30-9752 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ