トップ > 暮らし・届出 > 広聴・相談 > 市民相談(市政相談・専門相談など) > 市民相談のご案内

市民相談のご案内

更新日:202209221616


市民相談のご案内について

広聴・相談課(市庁舎6階)では、職員による一般相談をはじめ、弁護士や建築士など各種専門家による相談など各種市民相談を行っています。一部の相談に限り、各総合支所や市民センターでも行っています。ただし、土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除きます。困ったときはまず、ご相談ください。相談はすべて無料です。秘密は固く守ります。
お気軽にご相談ください。事前に予約が必要(先着順)なものと予約不要なものがあります。

相談の上手な利用の仕方

一般相談(一部予約制)

日常生活での悩みや困りごとなどの相談

市政相談(予約不要)

市政についての要望、苦情、意見、相談など

弁護士相談(予約制)

内容借金、交通事故、相続・遺言、成年後見、離婚、職場でのトラブルなど日常生活上の法律問題全般

  1. 弁護士相談は、本庁、総合支所、市民センターでの「定例弁護士相談」と久留米法律相談センターでの「チケット弁護士相談」を行っています。いずれも予約制で先着順(定員あり)です。
  2. 弁護士相談のご利用は、久留米市に住民登録がある方が対象です。多くの市民の皆様にご利用していただくため、お一人様年度内2回までのご利用となります。

定例弁護士相談(予約制)

チケット弁護士相談(予約制)

【利用方法と注意事項】

  1. 広聴・相談課にてチケット(紹介状)の交付申請をし受け取る。
    1. 受付およびチケット受け取り時間:月曜日から金曜日の8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く)
    2. 申請方法:来庁または電話で広聴・相談課へ申請(電話番号:0942-30-9017)
      (注意)電話で申請された場合は翌日から2週間以内に広聴・相談課に受け取りに来ること。2週間を過ぎて受け取りに来られない場合は、申請を取り消します。
  2. 久留米法律相談センターに電話して相談の日時を予約する。(電話番号:0942-30-0144)
  3. 予約した日時に久留米法律相談センターにチケット(紹介状)を持参して相談を受ける。(お一人30分間)

建築相談(予約制)

建築規制、住宅の間取り設備、新築工事・リフォーム工事や欠陥住宅のトラブルなど建築全般の相談

司法書士相談(予約制)

相続・遺言、不動産や会社の登記、裁判所に提出する書類の作成などの相談

公証業務相談(予約制)

遺言・相続、成年後見、離婚などの公正証書についての相談

税理士相談(予約制)

相続税、贈与税、不動産の譲渡所得、所得税などの国の税金に関すること(相談では、確定申告書等の書類の作成やチェックなどは行いません。)

行政相談(予約不要)

国や独立行政法人等についての要望、苦情などの相談

交通事故相談(予約制)

交通事故の被害者・加害者で示談の進め方、事故の過失割合や損害賠償の内容、保険の支払い基準など交通事故に関する相談

不動産相談(予約不要)

不動産の売買契約、賃貸契約、賃貸管理、不動産に関するトラブルなどの相談

人権相談(予約不要)

いじめ・体罰・パワハラ・名誉棄損など、家庭内や隣近所のもめごと、職場でのトラブルなどの相談

社会保険労務士相談(予約不要)

年金、健康保険、雇用保険、労災保険、賃金、退職、労働時間、パート雇用などの相談

行政書士相談(予約不要)

許認可、悪徳商法、外国人のための相談、相続、自筆証書遺言などの相談

土地家屋調査士相談(予約不要)

近隣との境界に関する問題、土地・建物に関する測量や分筆、表示登記などの相談

マンション管理士相談(予約不要)

管理組合の運営・金銭に関する問題、建物や設備の管理、区分所有者や管理組合の関係者とのトラブルなどの相談

福岡出入国在留管理局による相談(予約制)(令和4年4月開設)

出入国関係(日本人を含む)、外国人の在留資格の変更や在留期間の更新など在留諸申請、その他入管の手続きについての相談

【お願い】相談室での個別面談相談における新型コロナウィルス感染防止対策について

相談室内は、新型コロナウイルス感染防止のために、換気や飛沫感染防止対策のビニールカーテンの設置、受付カウンターや机、椅子などの定期的な拭き取り消毒を行っていますが、皆様に下記の点についてご理解とご協力をお願いいたします。

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部広聴・相談課
 電話番号:0942-30-9017 FAX番号:0942-30-9711 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ