トップ > 暮らし・届出 > 環境・ごみ・リサイクル > 生物多様性の保全 > 希少野生動植物種の保護

希少野生動植物種の保護

更新日:202109281644


福岡県希少野生動植物種の保護に関する条例(令和3年5月1日施行)

リーフレットの表紙  リーフレットの裏表紙

福岡県希少野生動植物種の保護に関する条例(リーフレット)PDFファイル(3715キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

 地球上の生きものは、様々な環境に適応して多様に進化し、直接的または間接的に互いにつながりをもって生きています。私たち人類も生きもののつながりの中で生活し、他の生きものから食料、医薬品、衣料や住居の材料、紙などの恵みを享受してきました。
 しかし、私たち人類の活動によって、地球上の多くの生きものが絶滅の危機に瀕しており、これらは絶滅危惧種や希少種と呼ばれています。
 これらの希少種が絶滅すれば、生物多様性が損なわれることになり、私たちが受け取る生きものの恵みを失うばかりか、将来にわたる暮らしの基盤を失うことにつながります。そのため、希少種を保護し、生物多様性を守り支えることが必要となるのです。
 そこで、福岡県では、「福岡県希少野生動植物種の保護に関する条例」を公布し、県、市町村、事業者及び県民等が一体となった希少種の保護の取組みを進めることとしました。

条例の詳細な内容について

 条例に基づき「指定希少野生動植物種」に指定された種には、捕獲、所持、販売等が禁止になるなどの規制があります。
詳しくは、福岡県ホームページ「福岡県希少野生動植物種の保護に関する条例(令和3年5月1日施行)」このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

 環境部環境保全課
 電話番号:0942-30-9043 FAX番号:0942-30-9715 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ