トップ > 創業・産業・ビジネス > 農林水産業 > 各種イベント情報 > 久留米つばきフェア

久留米つばきフェア

更新日:202109070850


久留米市は、全国有数のツバキ苗の生産地です。平成22年3月には国際ツバキ会議が開催され、久留米つばき園と石橋文化センターツバキ園の2つの園が「国際優秀ツバキ園」に認定されました。
「久留米つばき」の魅力を広く発信するため、平成22年から毎年3月に2つの「国際優秀ツバキ園」と久留米市世界のつばき館(平成26年3月15日開館)を主会場として「久留米つばきフェア」を開催しています。

第12回久留米つばきフェアについて

令和3年3月に開催を予定していた、「第12回久留米つばきフェア」は、主催する久留米つばきフェア実行委員会で協議した結果、新型コロナウイルス感染症防止等の観点から、開催を中止することに決定いたしました。
なお久留米つばきフェアは中止となりましたが、主会場の「久留米つばき園」、「久留米市世界のつばき館」、「石橋文化センターツバキ園」は通常どおり利用可能です。

久留米つばき「正義(まさよし)」の歴史

久留米つばき「正義(まさよし)」 久留米つばきの代表的な品種「正義(まさよし)」は、1830年にシーボルト博士がヨーロッパに持ち帰り、「ドンケラリー」の名前で世界に広まったと言われています。草野町にはその母株とされる樹齢300年を超える古木があり、開花時には今でも多くの人を魅了しています。

このページについてのお問い合わせ

 農政部農業の魅力促進課
 電話番号:0942-30-9165 FAX番号:0942-30-9717 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ