トップ > 計画・政策 > 市長のへや > 市長メッセージ > 令和3年7月29日市長メッセージ(福岡コロナ警報の発動を受けて)

令和3年7月29日市長メッセージ(福岡コロナ警報の発動を受けて)

更新日:202107291827


市長メッセージ(福岡コロナ警報の発動を受けて)

福岡県では、7月28日の新型コロナウイルス感染者が新たに405人確認されました。1日の感染者数が400人を超えるのは5月19日以来、約2カ月ぶりです。久留米市におきましても、28日の感染者が13人となり、6月2日以来の10人以上を確認するなど、増加傾向にあります。
また、第4波で猛威を振るったアルファ株の1.5倍程度の感染力と言われるデルタ株の陽性率は、福岡県においても急増しています。

まさに第5波と言える感染拡大の傾向を受けて、福岡県では、7月28日に福岡コロナ警報を発動し、県内全域に対して、29日からの不要不急の外出自粛とともに、8月1日から21時までの飲食店等への営業時間短縮等の要請を決定しました。

市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、この状況を踏まえ、感染拡大を抑え込むため、次の感染拡大防止の徹底をお願いいたします。

また、福岡県では、ワクチン接種が進んでいる高齢者の感染割合は、これまで20%程度の推移から、令和3年7月には約6%と減少し、その有効性が示されています。このことからも、現在、感染割合が高い30代以下の若年層の方のできるだけ早期のワクチン接種へのご協力もお願いいたします。

まん延防止等重点措置の解除から2週間しか経過しておらず、皆さまに再びお願いをするのは非常に心苦しい限りではありますが、コロナに打ち勝つためには、皆さまの心がけとワクチン接種が最も肝要です。何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和3年7月29日
久留米市長 大久保 勉

このページについてのお問い合わせ

 総合政策部広報戦略課
 電話番号:0942-30-9119 FAX番号:0942-30-9702 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ