トップ > 計画・政策 > 市長のへや > 市長メッセージ > 令和2年12月15日市長緊急メッセージ(福岡コロナ警報の発動を受けて)

令和2年12月15日市長緊急メッセージ(福岡コロナ警報の発動を受けて)

更新日:202101151711


緊急メッセージ

福岡コロナ警報の発動を受けて、市民の皆さんへ緊急メッセージをお伝えします。

動画

内容

 久留米市長の大久保です。

 連日多数の新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されています。福岡県でも、感染者数の増加、病床稼働率の上昇などを受け、12月12日に「福岡コロナ警報」が発動されました。

 このまま感染者数が増加していけば、医療供給体制が崩壊しかねません。市民生活や経済活動に大きな影響を及ぼす医療供給体制の崩壊は、絶対に避けなければなりません。

 これ以上、事態を悪化させないためには、市民の皆さま一人ひとりの協力が欠かせません。マスクの着用や手洗い、3密の回避といった基本的な感染対策の徹底を改めてお願いいたします。また、今回の感染拡大は家庭内で広がっていることも特徴です。家庭内でも細心の注意をお願いします。

 市では、国内においてワクチンが実用化された場合に、速やかに必要とする市民の皆さまが接種できるように体制づくり、高齢者施設などで働く方々への無料PCR検査、事業者の皆さまへの資金繰り支援の拡充などに取り組んでいるところです。今後も出来うる対策を速やかに講じていきますので、市民の皆さまのご協力を改めてお願いいたします。

 コロナ禍において、市民の皆さまが心待ちされていた祭りやイベントを中止せざるを得ない状況が続いておりますが、一刻も早く感染症が終息し、平穏な日常が取り戻せることを心から祈念しています。

このページについてのお問い合わせ

 総合政策部広報戦略課
 電話番号:0942-30-9119 FAX番号:0942-30-9702 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ