トップ > 計画・政策 > 市長のへや > 市政運営方針

令和3年度市政運営方針

更新日:202104011157

1 現状認識

(1)新型コロナウイルス感染症の拡大と長期化

 令和2年1月に国内初の新型コロナウイルス感染者が確認されて以降、第1波から第3波までの感染拡大が発生している。福岡県においても2度の緊急事態宣言が発出されるなど、市民生活や事業継続に大きな打撃を与えており、その影響の収束は依然として不透明な状況にある。

(2)頻発・激甚化する自然災害

 近年の気候変動の影響等により、自然災害の頻発・激甚化傾向が強まる中、全国的に甚大な被害が発生している。久留米市においても平成30年度以降の3年連続での豪雨災害など大きな被害が発生しており、防災・減災対策は喫緊の課題となっている。

(3)人口減少社会の進行

 我が国における少子高齢化の進行は深刻な状況にあり、社会保障制度の維持と財政健全化の両立、持続的な経済成長の実現など、極めて重大な課題に直面している。久留米市においても、自然動態のマイナス幅の拡大や大都市圏への人口流出などによる人口減少傾向が継続している。

(4)厳しさを増す財政状況

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中、国と地方の財政環境は、先が見通せない極めて不安定な状況にある。久留米市においては、市税収入の大幅な減少が避けられない中においても、感染症対策、防災・減災対策をはじめ、扶助費や公共施設の維持管理経費などの経常経費の増加などに対応する必要もあり、財政環境は極めて厳しい状況にある。

 

2 基本方針

(1)感染症対策と経済活動の両立

 アフターコロナの社会を見据えながら、「医療体制の確保・充実」、「事業継続や市民生活への支援」、「DX等を活用した新しい生活様式への対応」の3つを視点として、一時的ではない中長期的な対策と切れ目のない支援を感染症のフェーズに応じて実施していく。

(2)自然災害への対応

 住民の生命と財産を守り、安全で安心して暮らせる災害に強いまちの形成に向けて、関係機関との連携の下、ハード・ソフト両面からの総合的な防災・減災対策をスピード感を持って着実に進める。

(3)将来に向けた持続可能な都市づくり

 新総合計画第4次基本計画の下、鉄道駅周辺の利便性向上や土地利用の見直し、施設整備に段階的・戦略的に取り組みながら、中心市街地の再整備による活性化と移住・定住の促進を図り、ネットワーク型のコンパクトで持続可能な都市の形成を推進する。

(4)持続可能な財政運営と健全な財政基盤の確立

 時代のニーズを的確に捉えながら、先例にとらわれることなく、事業の厳選と重点化を図り、DXを含む行財政改革を着実に進め、持続可能な財政運営と健全な財政基盤の確立に努める。

 

3 まちづくりの考え方

 「住みやすさ日本一」の久留米を目指し、「暮らし・教育のまちづくり」「安心・快適・都市力のまちづくり」「地方創生、経済成長・雇用のまちづくり」の3つのまちづくりに取り組み、市民がこの地に誇りと愛着を持って住み続けたいと思えるまちをつくっていく。

(1)暮らし・教育(おもいやりと育み)のまちづくり

 市民全てが久留米の優れた生活環境の恩恵を享受できるよう、地域の絆づくりを促し、市民の健康で安心な暮らしをしっかり支える政策に力を入れるとともに、子育て支援や教育、福祉施策の充実に取り組む。また、あらゆる差別のない社会、男女共同参画社会づくりを進める。

(2)安心・快適・都市力(やすらぎと発展)のまちづくり

 県南の中核都市としての求心力向上を図るとともに、福岡都市圏の通勤圏としての機能向上にとどまらず、特徴ある豊かな資源を生かして久留米市独自の魅力を高め、ここで暮らしたいと選んでいただけるまちづくりに取り組む。

(3)地方創生、経済成長・雇用(魅力と活力)のまちづくり

 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえながら、豊かな自然や高度な医療技術をはじめとした地域資源の活用や、農業・工業・観光分野における久留米ブランドの情報発信等により、人材や企業雇用を呼び込み、地域経済・産業の活性化や賑わいづくり、文化芸術の振興等に取り組む。

 

4 令和3年度の主な取組

 以上のような市政運営の基本的な考え方を踏まえ、特に重点的に取り組む8項目の施策について、主に以下のような施策、事業等の取組を進める。

(1)暮らし・教育(おもいやりと育み)のまちづくり

<1>子どもの笑顔があふれるまちづくり

<2>健康でいきがいがもてるまちづくり

<3>人権の尊重、男女共同参画のまちづくり

 

(2)安心・快適・都市力(やすらぎと発展)のまちづくり

<1>快適な都市生活を支えるまちづくり

<2>都市開発・地域開発のまちづくり

<3>安全・安心なまちづくり

 

(3)地方創生、経済成長・雇用(魅力と活力)のまちづくり

<1>地域経済を支えるまちづくり

<2>文化・芸術・スポーツとにぎわいのあるまちづくり

 

(4)その他の事業

このページについてのお問い合わせ

 総合政策部総合政策課
 電話番号:0942-30-9112 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ