トップ > 創業・産業・ビジネス > 農林水産業 > 久留米市の森林 > 久留米市森林整備計画

久留米市森林整備計画

更新日:202004081445


草野・山本地区

昔からスギ、ヒノキの造林が盛んに行われており、現在では分収林である県行造林や旧緑資源機構造林地も集中しており、また齢級構成も他の地区から比べて高く、伐期を迎える林分も多く存することから林業生産活動を通じた適切な森林整備を図るとともに、環境にやさしい素材である木材の有効活用に向けて計画的な伐採を推進します。

御井地区

天然性の広葉樹が広く存在し、優れた自然景観を呈しています。特に市有林が存する高良山周辺においては、高良大社史跡や森林つつじ公園との調和を基本とした遊歩道、四阿及び林内整備により、住民の憩いの場としての活用を推進します。

高良内地区

従来からの材価の高い高齢の大径木生産が行われており、また土砂流出防備保安林として広大な森林が指定されていることから長伐期施業・保安林整備事業の導入による水土保全機能の維持向上を推進します。

山川・明星・藤山地区

いずれも住宅地の後背地にあるため、山地災害防止を目的とした森林整備や治山ダム等の整備を行い水土保全機能の維持向上を推進します。

このページについてのお問い合わせ

 農政部農村森林整備課
 電話番号:0942-30-9166 FAX番号:0942-30-9717 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ