トップ > 暮らし・届出 > 上下水道 > 寒波に備えて > 水道管の凍結対策をしましょう!

水道管の凍結対策をしましょう!

更新日:202102181713


気温が氷点下4度以下になると、水道管の水が凍って水が出なくなる場合や体積が増えて管が破裂する場合があります。屋外でむき出しになっている水道管や、日当たりが悪い場所、風当たりが強い場所にある蛇口や水道メーターなどは特に注意が必要です。寒さが厳しくなる前に水道管にも早めの凍結対策をお願いします。

凍結を防ぐために

水道管

寒さが厳しくなる前に屋外にある、むき出しになった水道管には、保温材を付けるなどの防寒対策を早めにしましょう。(保温材はホームセンターなどで購入できます。)

水道管に保温材をつけている様子

水道管にタオルや布を巻きつけ、ビニールテープで固定し、その上からビニール袋を巻きつけ濡れないようにします。

水道管にタオルを巻き、ビニールテープで固定している様子  タオルや布を巻きつけた水道管に防水のため更にビニール袋を巻きつけ、ビニールテープで固定している様子

蛇口

蛇口も水道管と同様にタオルやビニール袋を使って防寒対策をしましょう。

蛇口にタオルを巻き、ビニールテープで固定した様子  タオルや布を巻きつけた蛇口に防水のため更にビニール袋をかぶせ、ビニールテープで固定した様子

メーターボックス

メーターボックス内の管も凍結しやすいため、ビニール袋に入れたタオルや布をメーター周りに詰めましょう。

メーターボックス内にビニール袋に入れたタオルや布を詰めている様子

その他

凍結防止のために鉛筆の芯ぐらいの細さの水を出しておくのも効果的です。8時間で風呂1杯分(約200リットル)溜まります。

鉛筆の芯くらいの細さで水を出している様子

凍ってしまったら

水道管が破損したら

メーターボックス内のバルブを閉め、久留米市指定の給水装置工事事業者へ修繕を依頼してください。マンションなどの集合住宅の場合は、所有者や管理会社に連絡してください。なお、北野町にお住いの方は三井水道企業団指定の給水装置工事事業者または三井管工事修理センターへ修繕依頼をお願いいたします。

問い合わせ先

このページについてのお問い合わせ

 上下水道部営業管理課 管理チーム
 電話番号:0942-30-9078 FAX番号:0942-38-2694 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ