トップ > 組織からさがす > 市民文化部体育スポーツ課 > お知らせ > 「久留米アリーナ」完成 新たなスポーツの拠点として、6月に開館します。

「久留米アリーナ」完成 新たなスポーツの拠点として、6月に開館します。

更新日:201803151100


久留米市は、福岡県と共同で、県南地域の新たなスポーツ振興の拠点となる「久留米アリーナ」を建設しました。平成30年6月にオープンします。

施設外観イメージ

経緯

当エリアには、これまで、久留米市武道館、久留米市弓道場、福岡県立体育館がありました。しかしながら、築40年以上が経過して施設の老朽化が進み、競技スペースや観客席なども不足していたことから、平成27年11月に取り壊し、新たに「久留米アリーナ」を建設したものです。

施設概要

項目 内容
施設概要
施設総称 「久留米アリーナ」
所在地 福岡県久留米市東櫛原町170-1
構造等 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) 地上2階建て
延床面積 18847.61平方メートル
工事費 約86億4千万円(およそ3分の2を県、3分の1を市が負担)
工事期間 平成27年11月~平成30年2月

 

施設の特徴

  1. 「久留米アリーナ」は大規模な大会から日常的な利用まで、多くの人々がスポーツを楽しむことができる施設です。また、ハイレベルなプレー観戦から練習試合の応援まで、臨場感のある空間で、競技者だけでなく、観戦者もスポーツに親しむことができます。
  2. 1階には3000席の固定観覧席を有するバスケットコート3面分のメインアリーナと1面分のサブアリーナ、柔道4面分の武道場(畳敷き)、剣道4面分の武道場(板張り)などを配置します。
  3. 2階には遠的・近的の両方が可能となる可動式の的場を採用した弓道場、旧県立体育館時の約3倍の広さになるトレーニング室、試合前後のアップやミーティングを行うウォーミングアップガーデンなどを配置します。

オープニング関連事業

時期 内容
オープニング関連事業
6月2日 土曜日 開館記念式典(関係者)
6月3日  日曜日 オープニングイベント
6月9日 土曜日
 10日 日曜日

オープン記念柔道大会
「厚生労働大臣杯争奪第68回全日本実業柔道団体対抗大会」

主な施設規模

施設 規模
主な施設規模
武道場(畳敷き) 柔道4面分 観覧席270席
武道場(板張り) 剣道4面分 観覧席270席
弓道場 12人立ち 近的・遠的一体型
メインアリーナ バスケットボール3面分観覧席3000席
サブアリーナ バスケットボール1面分
トレーニング室 330平方メートル(旧体育館時の3倍)

その他

施設の利用料金、利用申込方法及び施設の詳しい内容等については、4月以降、市広報、指定管理者ホームページなどで順次発表します。

このページについてのお問い合わせ

 市民文化部体育スポーツ課
 住所:久留米市荘島町11-1 荘島体育館内
 電話番号:0942-30-9226 FAX番号:0942-38-2259 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ