トップ > 組織からさがす > 市民文化部文化財保護課 > お知らせ > 有馬記念館企画展「大名の風流」を開催します

有馬記念館企画展「大名の風流」を開催します

更新日:201908201619


有馬家ゆかりの茶道具や久留米藩の陶磁器を展示します

 江戸時代に久留米藩21万石を治めた大名有馬家は、藩祖・則頼(のりより)が武勇や茶人の才により豊臣秀吉の相伴衆を務め、初代藩主・豊氏(とようじ)が利休七哲に数えられ、9代頼徳(よりのり)が茶陶の窯を興すなど、風流人としての一面もありました。
 本展では、有馬家所用の茶壺(呂宋壺(るそんつぼ))、9代頼徳が興し現在も茶道界で珍重されている柳原焼(やなぎはらやき)など、大名有馬家ゆかりの茶道具を公開します。あわせて、江戸時代の久留米藩の陶磁器についても紹介します。

大名の風流チラシ

チラシ(表)PDFファイル(2857キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

チラシ(裏)PDFファイル(1963キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

なお、詳細につきましては、有馬記念館ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

講座「茶の湯から見た柳原焼」を開催します

このページについてのお問い合わせ

 市民文化部文化財保護課
 電話番号:0942-30-9225 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ