トップ > 組織からさがす > 農政部中央卸売市場 > お知らせ > 魚のプロによる調理教室

魚のプロによる調理教室

更新日:202108251047


魚のおいしい食べ方、調理法を普及する取組

 最近、魚を食べる量が減ってきています。魚や魚料理の魅力を伝えるために、久留米市地方卸売市場水産物部では年に数回調理教室を開いています。講師の皆さんは、久留米市地方卸売市場水産物部で仕入れを行う鮮魚店や料理店の調理師の方々です。

令和元年5月22日(対象:久留米信愛短期大学の学生)

おろし方をマンツーマンで教えてもらっている様子  久留米信愛短期大学で栄養士を目指している学生を対象に魚のおろし方・調理方法のポイントを実演・紹介しました。
 学生の皆さんは、魚のおろし方を個別に教えてもらい、楽しみながらも真剣に取り組んでいました。

献立:鯛の刺身、アジのつみれ汁、アジとイトヨリのフライ、イトヨリの唐揚げ、イトヨリの煮つけ、しらすご飯

アジのさばき方を教えている様子  タイの刺身

令和元年11月27日(対象:久留米市外三市町高等学校組合立三井中央高等学校の学生)

さばき方を教わっている様子  久留米市外三市町高等学校組合立三井中央高等学校の学生を対象に、調理教室を開催しました。
 学生の皆さんは、魚のプロに直接さばき方を学び、緊張しつつも楽しく調理されていました。

献立:鯛の刺身、アジのムニエル、鯖の味噌煮、しじみ汁

食材を説明している様子  さばき方を熱心に聞く様子

令和2年1月29日(対象:久留米市食生活改善推進委員協議会会員)

講師が調理のコツを教えている様子  久留米市食生活改善推進委員協議会会員の皆さんを対象に、調理教室を開催しました。
同会員の皆さんは、市民の身近なところで相談や調理実習などを通じた食生活の改善に取り組んでいるボランティアの方々です。ふだんから栄養バランスのよい食事を心がけており、いわしを手でさばく方法や調理のコツなどを熱心に質問していました。

献立:ブリと鯛の刺身、生うに、ブリ大根、あじのつみれ汁

アジをさばいている様子  舌平目をさばく様子

参加者の声(一部抜粋)

このページについてのお問い合わせ

 農政部中央卸売市場
 電話番号:0942-33-4430 FAX番号:0942-38-0647 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ