トップ > 組織からさがす > 環境部施設課 > お知らせ > おうち時間を楽しもう♪牛乳パックでかごバッグ作り

おうち時間を楽しもう♪牛乳パックでかごバッグ作り

更新日:202105061049


リサイクルに出す前にちょっとリメイクしてみませんか。牛乳パックでお手軽・簡単にかわいい小物入れが作れます。

牛乳パックで作るかごバッグ(小物入れ)

準備する道具

はさみ、両面テープ、のり、ペン、定規

小物入れの材料

  1.  1リットル牛乳パック … 1個
  2.  持ち手(1の牛乳パックから作るよ!) … 幅2センチメートル、長さ21センチメートルのもの1本
  3.  持ち手用英字新聞 … 縦16.5センチメートル、横5センチメートルの大きさのもの1枚
  4.  色紙(今回はピンク色) … 縦13.5センチメートル、横3.5センチメートルの大きさのもの8枚
  5.  緑の色紙(葉っぱ用) … 1枚
  6.  顔のパーツ(黒目2つ、白目2つ、ほっぺ2つ、口1つ)
     

桃材料

作り方

  1. 牛乳パックの飲み口を切り取り、さらに持ち手用に幅2センチメートル、長さ21センチメートルの大きさに切り取ります。
    飲み口1
  2. 牛乳パックの側面(4面全て)に底から7センチメートルの高さで印をつけます。

    7センチ
     
  3. 一面の幅7センチメートルを「1.8センチメートル」「3.5センチメートル」「1.7センチメートル」となるように印をつけ、線を引きます。4つの面全て引き終わったら、一番上に両面テープをぐるりと一周貼りましょう。1.8センチ
  4. 縦の線に沿って切り、全て底から7センチメートルのところで 折り目をつけます。
    全部開くと、4側面が「3.5センチメートル」で8等分されているのがわかります。お花みたいですね。作り方4
  5. 「材料4」の色紙の上下に両面テープを貼りましょう。先ほど8等分した白い面に貼っていきます。
    両面テープ
  6. 牛乳パックの外側にある両面テープをはがし、丸い形になるよう向かい合わせに貼り合わせます。
    四隅から先に貼り、最後は底がみえないように、端をきちんと貼り合わせましょう。底
  7. 最初に作った持ち手を「材料3」の英字新聞で包み、のりで貼ります。

    持ち手
     
  8. 「6」で作った本体に「7」の持ち手を両面テープでくっつけます。

    持ち手くっつける
     
  9. 「材料5」の葉っぱと「材料6」の顔のパーツをのりで貼れば完成です。

出来上がり

色紙の色を変えたり、飾りを変えても楽しめます。みなさんのアレンジ作品、ぜひご紹介ください。
ご紹介いただいた作品は、環境交流プラザのホームページや環境学習ルームで紹介させていただく場合があります。

出来上がり見本

お知らせ

牛乳パックの小物入れは、環境交流プラザ2階学習ルームで作ることができます。お気軽にスタッフにお声かけください。
また、学童保育や地域学級、地域のイベントなどにスタッフがお邪魔して、ワークショップを行うことも可能です。
ただし、コロナウィルス感染や社会状況により、ご希望に添えない場合がある旨のご了承願います。

お申し込み、お問い合わせ先

ワークショップへのおたずねやお申し込みは、電話、FAX、電子メールまたは環境交流プラザ窓口にて受付しております。団体名、代表の方の氏名(ふりがな)、住所、電話番号、参加人数を、お知らせください。後日、折り返しご連絡いたします。

このページについてのお問い合わせ

 環境部施設課(宮ノ陣クリーンセンター)
 電話番号:0942-27-5371 FAX番号:0942-27-5443 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ