トップ > 組織からさがす > 環境部廃棄物指導課 > お知らせ > PCBを含む機器が残っていませんか?

PCBを含む機器が残っていませんか?

更新日:201611151444


 工場、店舗などにある古い電気機器(昭和47年ごろまでに製造されたトランス、コンデンサ、業務用蛍光灯の安定器など)には、環境と人体に極めて有害な高濃度PCBが含まれている可能性があります。事業者の皆様には、念のため上記の機器を再確認していただきますようお願いします。
 所有する機器にPCBが含まれていることが判った場合は、速やかに、廃棄物指導課に連絡してください。
 なお、平成28年8月にPCB特措法の改正により、市内の高濃度PCB廃棄物の処理期限は1年前倒しされました。
 処理期限は、高圧トランス、コンデンサ等については平成30年3月、安定器等、汚染物については平成33年3月です。

このページについてのお問い合わせ

 環境部廃棄物指導課
 電話番号:0942-30-9148 FAX番号:0942-30-9715 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ