トップ > 組織からさがす > 環境部環境政策課 > お知らせ > 第26回くるめ環境フェアを開催しました

第26回くるめ環境フェアを開催しました

更新日:201606161059


第26回くるめ環境フェア当日の様子をご紹介します

平成28年6月5日(日曜日)に「みんなでつくろう!!エコなまち」をテーマとして、第26回くるめ環境フェアを開催しました。

くるめ環境フェアは、体験や展示などを通して、省エネなどエコ全般について楽しみながら学べる、参加・体験型のイベントです。

当日は、約16,000人の皆さまに来場していただきました。

会場の様子 ステージイベントの様子

 

ステージイベント

特設ステージでは、環境関連表彰式終了後、久留米広域消防音楽隊や聖母幼稚園の園児の皆さんによる演奏、スタジオMJによるダンスパフォーマンス、安武和太鼓の会 MIYABIによる太鼓パフォーマンスなどを行いました。

久留米広域消防音楽隊の皆さんは、さまざまな行事やイベントで音楽演奏による広報活動を行っていらっしゃいます。この日も、「RPG」や「Darling」など最近のヒット曲を中心に演奏していただきました。また、久留米広域消防本部防災インストラクターのスーパーラビット ハリィくんとミミィちゃんも応援に駆けつけてくれました。

消防音楽隊による演奏の様子 ハリィくんとミミィちゃんの写真

聖母幼稚園の園児の皆さんは、「しげんやエネルギーをたいせつにしましょう」などと、環境への呼びかけを行った後、すてきな演奏をしてくれました。

聖母幼稚園の皆さんの様子 聖母幼稚園の皆さんの写真

スタジオMJの皆さんは、音楽に合わせ、迫力あるアクロバティックなダンスを披露してくれました。

スタジオMJによるダンスパフォーマンス(その1) スタジオMJによるダンスパフォーマンス(その2)

10代から70代の男女で活動されている安武和太鼓の会 MIYABIの皆さんは、力強い和太鼓の音色とダイナミックなパフォーマンスで会場を盛り上げてくれました。

MIYABIによる和太鼓演奏(その1) MIYABIによる和太鼓演奏(その2)

 

かえっこバザール

遊ばなくなったおもちゃを家から持ってきて、「かえるポイント」と交換し、欲しいおもちゃと「かえるポイント」を交換する子ども向けおもちゃのリユースイベント「かえっこバザール」を行いました。

「かえっこバザール」は、誰かのいらなくなったおもちゃが、また別の誰かの大切なおもちゃとして生まれ変わって、ぐるぐると循環する仕組みの、子ども向けリユースイベントです。
 

当日おもちゃを持ってきていない子どもたちも「かえっこバザール」に参加できるよう、環境フェアの会場内で「かえるポイント」がもらえるクイズラリーを行いました。

参加した子どもたちは、クイズラリーでたくさんポイントを集めた後、真剣な眼差しでお気に入りのおもちゃを探していました。

かえっこバザールの様子 おもちゃを選ぶ子どもたちの写真

 

FCV(燃料電池自動車)「MIRAI」の助手席試乗会

水素と酸素を化学反応させて電気を作る「燃料電池」を搭載し、モーターで走行する燃料電池自動車は、走行時に二酸化炭素や大気汚染物質を排出しません。

今年も、ふくおかFCVクラブによるFCV(燃料電池自動車)「MIRAI」の助手席試乗会を行い、見学者も含め、たくさんの人たちで賑わいました。

MIRAIの写真 MIRAIの車内

 

展示コーナー

展示コーナーでは、電気自動車やハイブリット高所作業車、近距離の移動手段として有効な超小型電気自動車、エネファームなど、環境に配慮した製品・技術等を展示していただきました。

また、太陽光発電パネルや水の流れで発電する実験装置の展示など、電気を作る仕組みについても紹介していただきました。

電気自動車の写真 浄化槽模型の説明をしている様子

エネファーム等のパンフレット展示の様子 超小型電気自動車の写真

 

工作・体験コーナー

体験コーナーには、間伐材を使った椅子作り、空きビンを使った小物作りなどがあり、たくさんの方に楽しみながらエコなものづくりを体験してもらうことができました。

間伐材を使った椅子作りコーナー 椅子作りコーナーの様子

また、壊れたおもちゃを修理してくれるコーナーも、たくさんの子どもたちでにぎわっていました。気に入っているのに壊れて遊べなくなったおもちゃを修理してもらって、子どもたちはうれしそうに受け取っていました。

おもちゃを修理している様子(その1) おもちゃを修理している様子(その2)

 

環境部ブース

地球温暖化の緩和・生物多様性・ごみ減量リサイクルなどに関する啓発を目的として、久留米市環境部のブースを出展しました。各種啓発パネルの展示、ペットボトルキャップアート作り体験、ワケルンジャーと一緒に挑戦できるごみの分別体験、ラジコンを使ってごみの運搬・リサイクルについて学ぶ体験などを行いました。

パネル展示の様子 生ごみリサイクルを紹介している様子

絵本作りの様子 ワケルンジャーの写真

 

宮ノ陣クリーンセンターへの無料シャトルバスを運行!!

今年は、くるめ環境フェア会場と宮ノ陣クリーンセンターを結ぶ無料シャトルバスを運行しました。宮ノ陣クリーンセンターにある環境交流プラザには、地球温暖化や環境問題について、ゲームやクイズなどで楽しみながら学べる、環境学習ルームがあります。また、工作ルームでは、牛乳パックを使ったおもちゃ作りなどのエコ・ワークショップを開催しました。

環境学習ルームの様子 エコ・ワークショップの様子

 

みんなでつくろう!!エコなまち

久留米市では、皆さんに環境問題を身近な問題として考えてもらうきっかけとしてもらうことを目的に、毎年6月の第1日曜日に、くるめ環境フェアを開催しています。今年の環境フェアはいかがだったでしょうか?

環境負荷が小さい製品を選ぶ、エアコンの設定温度を調節する、なるべく徒歩や自転車で移動する、車に乗る時はエコドライブを心掛ける、エコバッグを使うなど、日常生活でできるエコ活動は、たくさんあります。

たった一つしかない大切な地球をよりよい状態で次の世代へ引き継ぐために、もう一度、自分にできることを考えてみませんか?

このページについてのお問い合わせ

 環境部環境政策課
 電話番号:0942-30-9146 FAX番号:0942-30-9715 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ