トップ > 組織からさがす > 環境部環境保全課 > お知らせ > 【環境省からのお知らせ】大気環境配慮型ガソリンスタンドの利用促進について

【環境省からのお知らせ】大気環境配慮型ガソリンスタンドの利用促進について

更新日:201811220946


大気環境配慮型サービスステーション(e→AS)認定制度について

 大気環境配慮型サービスステーション(e→AS)認定制度とは、大気環境に配慮し、燃料蒸発ガスの排出を抑制する取り組みをしているガソリンスタンドを、環境省及び資源エネルギー庁がe→ASとして認定する制度です。燃料蒸発ガスは、大気汚染物質である光化学オキシダントやPM2.5の原因物質の一つであり、ガソリン特有のにおいのもとでもあります。
詳細は、環境省ホームページの大気環境配慮型サービスステーション(e→AS)認定制度についてこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

制度の内容

 自動車への給油時には、ガソリン特有のにおいが発生します。これは、ガソリンが気化し燃料蒸発ガスが発生するためです。
この燃料蒸発ガスは大気中で自動車等の排気ガスと混ざり、太陽から紫外線を受けることで、光化学オキシダントやPM2.5(微小粒子状物質)を発生させます。
e→AS認定制度は、このように大気環境汚染の原因となる燃料蒸発ガスを回収する機能を有する計量機を設置したサービスステーション(ガソリンスタンド)を環境省及び資源エネルギー庁において認定し、あわせて認定サービスステーションを広く公表すること等により、燃料蒸発ガスを回収する機能を有する計量機の普及を促進するものです。

サービスステーション利用者にできること

 e→AS認定制度は、平成30年7月から開始した制度であり、e→AS認定されたサービスステーションはまだ少数ですが、環境省ホームページにe→AS一覧このリンクは別ウィンドウで開きますを掲載しており、今後はカーナビ等でe→ASを検索できるようになる予定です。
いい明日、いい地球(earth)に向けて、大気(Air)の環境に配慮(eco)したサービスステーション(SS)であるe→AS(イーアス)の積極的な利用にご協力をお願いします。

このページについてのお問い合わせ

 環境部環境保全課
 電話番号:0942-30-9043 FAX番号:0942-30-9715 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ