トップ > 組織からさがす > 保健所保健予防課 > お知らせ > 9月10日~16日は自殺予防週間です

9月10日~16日は自殺予防週間です

更新日:202208311203


 9月10日は、世界自殺予防デーです。
 日本では、毎年9月10日から16日までの一週間を自殺予防週間と定め、自殺を防ぐための普及啓発活動に取り組んでいます。
 自殺を防ぐためには、市民の皆様がこころの居場所を持ち、孤独にならないことがとても大切です。一人ひとりが、身近な人の変化に気づき、みんなでいのちを守る取り組みを広げていきましょう。
 保健予防課では、市民の皆様に向けたメッセージ動画を作成しました。動画のモデルは男の子ですが、誰かに相談したり、助けを求めたりすることは、性別や年齢に関係なく、決して恥ずかしいことではありません。悩みを抱えたり、ストレスを感じたりしたときは、一人で抱え込まずに周りの人に「SOS」を出してほしいという思いを込めました。ぜひご覧ください。

自殺の現状

 全国では、年間2万人を超える方の命が自殺により失われ、久留米市でも年間50人前後の方が自殺により亡くなっています。近年の自殺者数は減少傾向にありましたが、令和2年はコロナ禍の影響もあるためか全国同様、久留米市でも自殺者数が増加し、70人の方が自殺により亡くなられました。令和3年は62人の方が亡くなられており、高止まりの傾向にあります。
久留米市自殺者数の推移

気づいてください、大切な人の心の声

 大切な人に気になる様子はありませんか。変化に気づいたら声をかけて、話を傾聴してみてください。そして、必要であれば、適切な相談窓口につなぎましょう。

気になる様子のサイン

声かけと傾聴

つなぐ・見守る

 話を傾聴してみて、本人の意思を尊重しながら、必要であれば専門の相談窓口への相談を勧めてみてください。専門の相談窓口につないだ後も、変わらず見守っていることを伝え、安心してもらうようにしましょう。

もしあなたが悩んでいたら、周りに悩んでいる方がいたら

 もしも、あなたや周りの方が悩みを抱えて困っているときは、気軽に相談できる場所があります。相談方法もいろいろなものがあるので、ご希望の窓口を選んで、まずは話してみませんか。

久留米市保健所で実施している相談

 久留米市保健所では、心の悩みや不安などをお持ちの方、またはそのご家族等からの相談をお受けしています。

その他の相談窓口

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9728 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ