トップ > 組織からさがす > 健康福祉部長寿支援課 > お知らせ > 令和元年度 認知症予防地域講演会を開催します

令和元年度 認知症予防地域講演会を開催します

更新日:201909100919


令和元年度 認知症予防地域講演会を開催いたします。たくさんのご参加をお待ちしております。

令和元年度 スケジュール表
日程 時間 会場 講師
第1回目 2019年6月15日 13時~15時 三潴生涯学習センター(久留米市三潴町玉満2949-1) 内村直尚氏
第2回目 2019年8月24日 13時~15時 久留米市教育センター(久留米市南1丁目8番1号) 山崎剛氏、歳川美也子氏
第3回目 2019年10月26日 13時~15時 北野生涯学習センター(久留米市北野町中273-1) 古賀寛氏
第4回目 2019年11月30日 13時~15時 ふれあい農業公園(久留米市草野町吉木33番地) ミサンガ、中村益子氏
第5回目 2020年1月25日 13時~15時 久留米市役所2階くるみホール(久留米市城南町15-3) 髙見国生氏

以上を予定しておりますが、時間等変更になる可能性もございますので、ご来場の前にご確認ください。

第2回目 地域予防講演会の報告

8月24日講演会写真 当日は雨も強く、悪天候の中の開催となってしまいましたが、72名の方にご来場いただきました。今回の講演は前半をお二人の講師にご講演いただき、後半はにこにこ会の藤井氏も加わって、パネルディスカッション形式で行われました。博愛病院の山崎院長は、新オレンジプランの7つの柱を具体的に実行に移す取り組み、地域で自主的に、自発的に支えあう社会を目指しての活動をお話ししていただきました。介護支援専門員の歳川氏には、仕事を通しての経験、また認知症を患ったご自身のお父様の介護を通しての、実体験を語っていただきました。第1部の講演、第2部のディスカッションを通して、お二人ともに仰っていたのは、認知症の人と家族だけでなく、必ず第3者の人を介在することが必要。当事者と家族だけで悩みを抱え込まず、色々な人に相談することが大切。介護のあり方は各々の家族で違っていても、本人を中心に周りの人すべてが情報を共有し、手を携え支えあう姿が望ましく理想だということ。認知症の本人の意思を尊重し、皆が優しい社会の実現に向けて、お一人お一人が思いを強くされたようでした。

第2回目【チームで取り組む介護】様々な立場で語り合う

内容

高齢者、認知症の人、その家族、地域、それぞれの立場に思いを寄せながら、医療の現場で奔走される、博愛病院院長の山崎氏。介護の現場で本人や家族を支え、施設と医療への橋渡しを続けてこられた、介護支援専門員の歳川氏。今回は、色々な立場の方々に接してこられたお二人の方に、その経験からくる思いの違いを語っていただきます。立場の違う相手を思いやり、連携して取り組む介護が、いかに効果的で大切かを教えていただきます。

日時

2019年8月24日(土曜日)13時~15時(開場12時30分)

場所

久留米市教育センター 大研修室 (久留米市南1丁目8番1号)

認知症介護者のおしゃべり会を同日開催します

当日15時15分から16時15分まで会議室にてNPO法人にこにこ会(久留米地区認知症の人と家族の会)による「認知症介護者のおしゃべり会」が開催されます。認知症介護についてお話ししたい方は、是非ご参加ください(申し込み等不要)。

託児

託児(生後6カ月から未就学児まで)を希望される方は、8月16日(金曜日)までにお申し出ください。

講演会のお問い合わせ先

NPO法人 にこにこ会(久留米地区 認知症の人と家族の会)の江口さん
電話番号・FAX番号:0942-22-0242

第1回目 認知症予防地域講演会の報告

kouenyousu 久留米大学医学部 神経精神医学講座教授 内村直尚氏にご講演いただきました。開演当初の雨にもかかわらず、90名を超える方にお越しいただきました。それだけ、皆さんの "睡眠"に対する意識と関心の高さが伺えます。内村先生のわかりやすく丁寧な説明、時にユーモアを交えたお話は楽しい時間となりました。参加された方は専門医師の言葉によって、"睡眠"に対して抱いていた、疑問の回答を見いだしたり、不安を取り除くことができたり、自身の睡眠を大いに反省させられたりしたようです。粗悪な睡眠は、心身の健康を妨げるばかりでなく、様々な病気の引き金となること、地域や社会が一体となって、睡眠の重要性について考え、取り組む必要があることを認識しました。脳をリフレッシュさせ、健康寿命を延ばし、認知症を予防するためにも、一人一人が、「質の良い睡眠を摂る」ことを心がけ、実践していく契機となった一日でした。

第1回目【睡眠を見直そう】神経精神医学の専門医が語る

内容

「あなたは心地よく眠れてますか?」心地よい睡眠は、体だけででなく、心も元気にしてくれます。ひいては、認知症の予防にもつながります。患者に共感し、悩む人々に寄り添う、そんなやさしい社会を目指して、日々奮闘されていらっしゃる久留米大学医学部教授の内村直也氏。ご専門の神経精医学の見地から、睡眠の重要性についてお話していただきます。

日時

2019年6月15日(土曜日)13時~15時(開場12時30分)

場所

三潴生涯学習センター 集会室(久留米市三潴町玉満2949-1)

認知症介護者のおしゃべり会を同日開催します

当日15時15分から16時15分まで視聴覚室にてNPO法人にこにこ会(久留米地区認知症の人と家族の会)による「認知症介護者のおしゃべり会」が開催されます。認知症介護についてお話ししたい方は、是非ご参加ください(申し込み等不要)。

託児

託児(生後6カ月から未就学児まで)を希望される方は、6月7日(金曜日)までにお申し出ください。

講演会のお問い合わせ先

NPO法人 にこにこ会(久留米地区 認知症の人と家族の会)の江口さん
電話番号・FAX番号:0942-22-0242

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部長寿支援課 介護予防・生きがい支援チーム
 電話番号:0942-30-9207 FAX番号:0942-36-6845 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ