トップ > 組織からさがす > 協働推進部人権啓発センター > お知らせ > 2017年度 特別展 「日本国憲法にこめられた思い 部落差別解消推進法にかける願い」

2017年度 特別展 「日本国憲法にこめられた思い 部落差別解消推進法にかける願い」

更新日:201706271723


日本国憲法施行70年、部落差別解消推進法制定・施行にあたり、特別展を開催します

2016年12月「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。この法律は、全ての国民が生まれながらにもつ基本的人権を保障する日本国憲法の理念に基づいて制定されたものです。そして、2017年5月には日本国憲法施行70年の節目をむかえました。戦後、多くの人々の命を奪った戦争を繰り返してはならないという思いから、憲法には一人ひとりの人権を大切にしていくことが盛り込まれていきました。その基本的人権は第10条から第40条の31の条項からなり、誰からも侵されることなく自由に自分の幸せを思い描いて実現する権利が保障されています。しかし、現在でも部落差別をはじめとする様々な差別が残っています。このことは人権が守られた状態だといえるでしょうか?このような現実から、憲法にこめられた思いをうけ部落差別解消推進法がつくられていきました。
今回の特別展は、「部落差別の解消の推進に関する法律」の施行と憲法施行70年に合わせて、日本国憲法の人権条項作成に深くかかわった「ベアテ・シロタ・ゴードン」と、憲法14条24条の中に部落差別をなくしたいという願いを込め行動した「松本治一郎」の二人にスポットをあてていきます。
ぜひご覧下さい。

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部人権啓発センター
 電話番号:0942-30-7500 FAX番号:0942-30-7501 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ