トップ > 計画・政策 > 人権・同和問題・男女平等 > 男女平等推進センターの講座・イベント > 令和元年度暴力の被害を受けた子どもへの支援スタッフ講座

令和元年度暴力の被害を受けた子どもへの支援スタッフ講座

更新日:201910301655


さぽちゃい(S.O.C)DV被害を受けた子どもへの支援グループ

さぽちゃい は暴力の被害、特にドメスティック・バイオレンス(以下「DV」)の家庭で育ち、心に傷を負った子どもを支援していくグループです。
子どもは家庭や学校、地域で、暴力を受けたり、暴力の場面に遭遇することがあります。
そのことで、直接身体に傷を負うだけではなく、心にも大きな傷を負うことがあります。
また、子どもにとって、本来は安心できるはずの家庭で、DV による暴力がおこっていると、直接の被害が無くとも子どもの心に深く傷を残すことが知られています。
元々、子どもひとりひとりは、心に傷を負っても自分で回復していく力を持っています。
しかし、その傷があまりにも大きかったり、あるいは長く繰り返されると、自分の力だけでは回復することが出来ず、傷ついた心を抱え生きていかざるを得なくなります。
子どもが持っている、傷ついた心を回復していく力が発揮できるようになるためには、子どもに寄り添い、子どもを支援していく力が重要です。
さぽちゃいは、子どもに寄り添い、DV などの暴力によって傷ついた子どもの心を、子ども自身が回復していくことを支援していきます。

養成講座内容

第1回 11月24日(日曜日)10時から12時
オリエンテーション
児童養護施設の子どもと向き合って

第2回 11月24日(日曜日)13時から15時30分
DVがある家庭で暮らす子ども

第3回 12月22日(日曜日)10時から12時
アサーティブネス・トレーニング

第4回 12月22日(日曜日)13時から15時30分
アサーティブネス・トレーニング

第5回 1月12日(日曜日)10時から12時
学校で、子ども達は今

第6回 1月12日(日曜日)13時から15時30分
デートDV

第7回 1月19日(日曜日)10時から12時
ひきこもりを理解する

第8回 2月9日(日曜日)10時から12時30分
子どもと権利

第9回 2月9日(日曜日)13時から15時30分
ドメスティックバイオレンスとは

第10回 3月22日(日曜日)10時から12時30分
心に傷を負った子どもと向き合って
講座終了式

講座詳細

注意事項


さぽちゃいの活動への参加にあたって

申し込み・問い合わせ先

養成講座申し込み・問い合わせ先

さぽちゃい
FAX:0942-43-8490 Email:suppochai2015@gmail.com
さぽちゃいホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますのいずれかよりお申し込み


一時保育、手話通訳、要約筆記申し込み先

久留米市男女平等推進センター
〒830-0037 久留米市諏訪野町1830-6えーるピア久留米内
電話番号:0942-30-7800 FAX:0942-30-7811
駐車場(有料)はありますが駐車台数に限りがありますのでなるべく公共交通機関をご利用ください。

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部男女平等推進センター
 電話番号:0942-30-7800 FAX番号:0942-30-7811 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ