トップ > 計画・政策 > 市長のへや > 市長の動き > 市長の動き 令和2年7月

市長の動き 令和2年7月

更新日:202010071733


令和2年7月の市長の動きをご紹介します

前月(6月)の市長の動き

翌月(8月)の市長の動き

7月30日(木曜日)【表敬:株式会社丸信様、合資会社若竹屋酒造場様】

 marushin

 株式会社丸信様と合資会社若竹屋酒造場様がお越しになり、両社が共同で企画・製造された清酒のラベルが、世界ラベルコンテストにおいて、最高位となる「ベストオブザベスト」を受賞されたことを報告されました。なお、株式会社丸信様は経済産業省が選定する地域未来牽引企業であり、地域の中核企業として、さらに成長・発展していただくことを期待しています。

7月29日(水曜日)【見舞金贈呈:B&G財団様】

   kifukifu

   公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)様より、豪雨災害に対する見舞金として寄付をいただきました。豪雨災害からの早期復旧・復興のために活用させていただきます。

7月28日(火曜日)【寄付贈呈:ダイハツ九州株式会社様】

   daihatsu

   ダイハツ九州株式会社様より、豪雨災害の被災地支援として車両1台を寄贈いただきました。市長代理として中島年隆副市長が、榊久留米工場長からレプリカキーを受け取りました。災害復旧・復興に向けた様々な業務に活用させていただきます。なお、同社には平成22年度にも車両の寄贈をいただいており、市政へのご支援に感謝いたします。

7月22日(水曜日)【農林水産大臣現地視察】

  daijin

   江藤拓農林水産大臣が、市内の被災農地を視察されました。その際に、農林水産業の災害復旧に関する要望書を、江藤大臣に直接手渡しました。

7月22日(水曜日)【見舞金贈呈:大町町】

   omachi

   佐賀県大町町の水川一哉町長がお越しになり、町からの見舞金を贈呈いただきました。豪雨災害からの復旧・復興事業に活用させていただきます。なお、令和元年8月豪雨により大町町で発生した災害ごみ約160トンを、久留米市の施設で受け入れ、処理しています。

7月22日(水曜日)【寄付贈呈:久留米市建築協同組合様】

   kenchiku

   久留米市建築協同組合様より、寄付をいただきました。新型コロナウイルス感染拡大防止と豪雨被災者支援のために、有意義に活用させていただきます。

7月20日(月曜日)【農林水産大臣と農業者、関係自治体等とのウェブ会議】

   norin

   JAみい本所と農林水産省、福岡県庁をオンラインでつないだウェブ会議に参加し、江藤拓農林水産大臣に対し、豪雨被害の状況について説明を行うとともに、国による災害復旧支援事業の早期実施を要望しました。

7月17日(金曜日)【九州治水期成同盟連合会要望活動】

koko

zaimu

 九州では4年連続で記録的な豪雨に見舞われており、災害から生命と財産を守るため、治水関係事業の重要度がさらに高まっています。私が会長を務める九州治水期成同盟連合会で、令和2年7月豪雨により甚大な被害を受けた球磨川水系の八代市など九州内の自治体と連携・協力し、治水関係事業のさらなる推進について、国土交通省等への要望活動を行いました。

7月16日(木曜日)【国土交通大臣現地視察、意見交換会】

  shisatsuedamitsu

  iken

   赤羽一嘉国土交通大臣が、市内の排水ポンプ場を視察されました。小川洋福岡県知事、吉松源昭福岡県議会議長も同席された意見交換会では、被害の状況を説明し、復旧・復興等に関する要望を行いました。

7月15日(水曜日)【防災担当大臣現地視察、意見交換会】

 takeda

imai

   武田良太内閣府特命大臣(防災)と今井絵理子内閣府大臣政務官が、久留米市を訪問されました。被災農地視察後の意見交換会において、被害状況の説明と、早期復旧・復興や防災・減災についての要望を行いました。

7月14日(火曜日)【寄付贈呈:株式会社吉川金属商事様】

     kifu

   リサイクル業の株式会社吉川金属商事様より、マスク10,000枚を寄贈いただきました。同社の工場が立地している鳥栖市に隣接する久留米市にも貢献したいとのことで、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、活用させていただきます。

7月12日(日曜日)【国会議員等被災地視察】

   jimin

   自由民主党の国会議員、福岡県議会議員の方々が、豪雨により大きな被害を受けた農地を視察されました。甚大な災害から早期に復旧・復興するため、緊急的・重点的な対策に関する要望書を、岸田文雄政調会長に手渡しました。

7月9日(木曜日)【国会議員等被災農地視察】

    shisatsu

   藤木眞也農林水産大臣政務官、鳩山二郎衆議院議員、県議会議員および市議会議員の方々と、大雨により被災した農地を視察し、農家の方から被害の状況等についての説明を受けました。

7月6日(月曜日)~8日(水曜日)【大雨に伴う災害対応】

   bosai

   bosai2

   hisai

  shokun

 

   停滞する梅雨前線の影響により九州北部に線状降水帯が発生し、猛烈な雨が降りました。筑後川や支流の水位が上昇し、市内の広い範囲で道路の冠水や家屋、農地の浸水などの被害が発生しました。市は災害対策本部を設置し、情報収集を行いながら、道路の通行止めや避難所の設置・運営などの対応を実施しました。また、排水ポンプ車を派遣してもらうなど、国や県とも連携しながら災害対応に努めています。災害発生の危険度が高い時期が今後も続きますので、市のホームページや公式LINEなどから避難等に関する情報を入手いただき、状況に応じた的確な避難をお願いします。

7月2日(木曜日)【寄付贈呈:株式会社オーレック様】

orec

 農業機械等の製造販売業の株式会社オーレック様より、乗用草刈機1台を贈呈いただきました。公園を常にきれいで快適な状態に維持管理していくために、除草作業等で活用させていただきます。

7月1日(水曜日)【社会を明るくする運動メッセージ伝達式】

   dentatsu

   社会を明るくする運動は、犯罪や非行の防止と、立ち直りについて理解を深め、犯罪や非行のない安全で安心な明るい社会を築こうとする全国的な運動です。7月は強調月間として全国一斉にこの運動が展開されることとなっており、安倍晋三内閣総理大臣と小川洋福岡県知事からのメッセージを受け取りました。

7月1日(水曜日)【筑後川・矢部川大規模氾濫減災協議会】

kasen

大雨災害に関する国と市との連携強化を図るため、国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所との意見交換を行いました。

7月1日(水曜日)【寄付贈呈:三陽ガステック株式会社様】

   sanyo

   住宅設備工事などを手掛けている三陽ガステック株式会社様より、マスク5,000枚を寄贈いただきました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のために活用させていただきます。

このページの先頭に戻る

前月(6月)の市長の動き

翌月(8月)の市長の動き

このページについてのお問い合わせ

 秘書室
 電話番号:0942-30-9105 FAX番号:0942-30-9701 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ