トップ > 創業・産業・ビジネス > 地域企業の支援 > 融資・支援制度 > 【受付期間終了】第4期久留米市事業継続緊急支援金

【受付期間終了】第4期久留米市事業継続緊急支援金

更新日:202202010000


申請受付終了しました

第4期久留米市事業継続緊急支援金の受付を終了しました。

都道府県の要請(10月)により売上減少した中小事業者を支援します

概要

2021年10月に実施された都道府県の要請による飲食店の営業時間短縮等若しくは外出自粛等による影響を受け、売上が減少している中小法人及び個人事業者等に対して、事業の継続及び立て直しを支援するため、第4期久留米市事業継続緊急支援金を給付するものです。
制度の概要は、案内チラシPDFファイル(1718キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

給付額(月額)

申請期間

2021年12月1日(水曜日)~2022年1月31日(月曜日)
郵送の場合は、2022年1月31日消印有効となります。

対象となる方

次の1~3の全ての要件を満たす事業者

  1. 市内に事業所又は店舗等を有する中小法人及び個人事業者(フリーランスを含む)であり、今後も事業を継続及び立て直しのための取組を実施する意思があること。
  2. 2021年10月に実施された都道府県の要請により営業時間短縮等に伴う新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を用いている協力金(以下「協力金」という。)の支払対象となっている飲食店と直接・間接の取引があること、又は要請地域における外出自粛等による直接的な影響を受けたことにより、2021年10月の事業収入が、2019年又は2020年同月の事業収入と比較して30%以上減少した月が存在すること。
    (注意)申請する月において、営業時間短縮要請等に伴う協力金の対象者は対象外です。
    • 酒類販売等事業者で、10月の事業収入が30%未満減少の場合、9月と10月の事業収入が15%以上であれば対象となります。
  3. 税務上、雑所得又は給与所得の収入として扱われる業務委託契約等に基づく事業活動からの収入(業務委託契約等収入)を主たる収入として得ている個人事業者にあっては、被雇用者又は被扶養者ではないこと。

申請方法

詳しくは、申請の手引きPDFファイル(4426キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをご確認ください。

申請書類

申請受付は終了しました。

お問い合わせ

久留米市事業者支援金コールセンター
電話 0942-30-9828(受付時間:平日9時~17時)
ファックス 0942-30-9757 

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部商工政策課
 電話番号:0942-30-9133 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ