トップ > 創業・産業・ビジネス > 地域企業の支援 > 融資・支援制度 > 【受付終了】久留米市事業継続緊急支援金

【受付終了】久留米市事業継続緊急支援金

更新日:202107011200


申請受付終了しました

久留米市事業継続緊急支援金の受付を終了しました。
令和3年7月1日より、第2期久留米市事業継続緊急支援金の受付を開始しました。
詳細は、第2期久留米市事業継続緊急支援金のページをご確認ください。

久留米市事業継続緊急支援金

2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が30%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に対し、宣言の影響緩和を図るため、各機関から支援金が支給されます。
久留米市では、市内の事業者を支援するため「久留米市事業継続緊急支援金」制度を創設しました。制度の概要は、案内チラシPDFファイル(1252キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

受付期間は令和3年5月31日(月曜日)までですが、必要書類の準備に時間を要するなど、やむを得ない理由で締め切りまでに申請が間に合わない場合は、令和3年6月30日(水曜日)まで申請を行うことができます。(申請の際に、理由書PDFファイル(432キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますを添付いただく必要があります。)

 売上減少率が50%を超える場合は、国(経済産業省)の一時支援金の対象となります。
 国の申請期限は令和3年5月31日(月曜日)となっておりますので、国か市かのどちらの支援金の対象になるかご不明な方は、問い合わせ先(事業者支援金コールセンター)までお問い合わせください。

国県市一時支援金の概要

国の「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金このリンクは別ウィンドウで開きます」及び県の「福岡県中小企業者等一時支援金このリンクは別ウィンドウで開きます」の概要は、それぞれのホームページ等でご確認ください。

久留米市事業継続緊急支援金

2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や、不要不急の外出・移動の自粛による影響を受けた、市内の事業者の皆様を支援します。

要件

緊急事態宣言の再発令に伴う、(1)緊急事態宣言の発令地域の飲食店と直接・間接の取引があること、または、(2)宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けたことにより、2021年1月から3月までのいずれかの月の売上が2020年同月比または2019年同月比で30%以上50%未満減少していること。
ただし、国の「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」このリンクは別ウィンドウで開きます県の「感染拡大防止協力金このリンクは別ウィンドウで開きます」の対象となる方は除きます。

支給額

対象月:2020年または2019年比で30%以上50%未満売上が減少した任意の月

対象となる方

市内に事業所又は店舗等を有する中小法人・個人事業者

緊事態宣言に伴う時短要請対象の飲食店と直接・間接の取引がある事業者

対象となる事業者の例
対象 具体的な事業者の例
時短要請対象の飲食店と直接の取引がある事業者 食品加工・製造事業者(食料品加工業者、飲料加工事業者、酒造業者等)
器具・備品事業者(食器・調理器具・店舗の備品・消耗品を販売する事業者等)
サービス事業者(接客サービス業者、清掃事業者、廃棄物処理事業者、広告事業者、
ソフトウェア事業者、設備工事業者等)
時短要請対象の飲食店と間接の取引がある事業者 流通関連事業者(業務用スーパー、卸・仲卸、問屋、農漁協、貨物運送事業者等)
生産者(農業者、漁業者、器具・備品製造事業者等)

不要不急の外出・移動の自粛により直接的な影響を受けた事業者

対象となる事業者の例
対象 具体的な事業者の例
主に対面で個人向けに商品・サービスの提供を行う事業者
飲食店・喫茶店(地方公共団体の時短営業要請の対象を除く)
旅客運送事業者(タクシー、バス等)
宿泊事業者(ホテル、旅館等)
小売店(土産物店、雑貨店、アパレルショップ等)
対人サービス事業者(旅行代理店、保険代理店、理美容店、クリーニング店、マッサージ店、エステティックサロン、整骨院、整体院、結婚式場、レンタカー会社、運転代行等)
文化・娯楽サービス事業者(文化施設、映画館、カラオケ、公衆浴場、スポーツジム等)
上記事業者へ商品・サービス提供を行う事業者 食品加工・製造事業者、清掃事業者、業務委託契約を締結しているタクシードライバー・バスガイド・イベント出演者、卸・仲卸、貨物運送事業者、広告事業者、ソフトウェア事業者等

申請書類

  1. 申請書(第1号様式)、久留米市事業継続緊急支援金に係る取引先情報一覧(第2号様式)及び宣誓・同意書(第3号様式)
    所定の様式にて各1部ずつ
  2. 確定申告書の写し
    2019年1月から3月及び2020年1月から3月までをその期間内に含む全ての事業年度分
    法人は確定申告書別表一及び法人事業概況説明書(両面)を提出
    個人事業者は確定申告書第一表及び所得税青色申告決算書(両面)を提出(青色申告の方)
    (注意1)別表一(第一表)には収受日付印の押印(受付日時が印字)が必要です。
    (注意2)e-Taxで申告された場合、受信通知(メール詳細) を添付してください。
  3. 2021年1月から3月の月毎の売上が確認できる書類の写し
    売上台帳等
    (注意)3月の売上が確定しておらず1月又は2月の売上で要件を満たす場合、3月の売上台帳を添付せずに申請が可能ですが、後日3月の売上台帳等の提出が必要です。
  4. 市内で事業所・店舗等を運営していることを確認できる書類の写し
    履歴事項全部証明書(法人)、営業許可証、開業(設立)届出書等
  5. 通帳などの振込口座に関する事項が確認できる書類の写し
    金融機関名、支店名、預金種目、口座番号及び名義(カナ)が確認できるページ
    (注意1)法人は法人名義、個人事業者は代表者名義の口座
    (注意2)ネット銀行等の場合、銀行サイト内の「お客様情報照会」等で上記内容を確認できる画面のコピー等をご提出ください。
  6. 代表者の本人確認書類の写し(個人事業者に限る)
    次のアからオのうち1点(有効期限内のものに限る)をご提出ください
    .運転免許証・運転経歴証明書(住所変更等の記載がある場合は両面)
    .マイナンバーカード(オモテ面)
    .写真付住民基本台帳カード(オモテ面)
    .在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書(両面・在留資格が特別永住者のものに限る)
    .身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(全ページ・カード式の場合は両面)
    (注意)上記の書類がない場合、住民票の写し+次のいずれか1点[パスポート(顔写真があるページ)、各種健康保険証]をご提出ください。
  7. 役員名簿(第4号様式)(中小法人に限る)
    (注意)登記掲載の役員全員の記載が必要です。

算定等に関する特例

算定等に関する特例

久留米市では、2カ年分の確定申告書の写しが準備できない新規開業者の方や、月当たりの事業収入の変動が大きい方などを対象に、算定等に関する特例を設けています。
詳しくは、申請の手引きPDFファイル(3438キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをご確認ください。

保存をお願いする書類

次の書類は申請時に提出いただく必要はありませんが、申請内容の審査等において提出を求めることがあります。求めに応じて速やかに提出できるよう、申請者にて5年間保存をお願いします。

保存をお願いする書類の例
書類の例
(ア)時短要請対象の飲食店と直接・間接取引がある事業者
飲食店またはその間接取引先との反復継続した取引(注意1)を示す帳簿書類及び通帳
(イ)主に対面で個人向けに商品・サービスの提供を行う事業者 個人顧客との継続した取引(注意2)を示す帳簿書類及び通帳
事業を営んでいることを示す書類
(ウ)上記(イ)の事業者へ商品・サービスの提供を行う事業者 商品等の提供先が(イ)の事業者であることを示す書類
(イ)の事業者との反復継続した取引(注意1)を示す帳簿書類及び通帳
(エ)販売・提供先を経由して、上記(イ)の事業者に商品・サービスの提供を行う事業者
提供先との反復継続した取引(注意1)を示す帳簿書類及び通帳
提供先と(イ)事業者との反復継続した取引(注意1)を示す書類

申請方法

感染防止の観点から、郵送又は電子申請にて申請してください。

郵送による申請

封筒裏面に、差出人の住所・氏名をご記入のうえ、下記までご郵送ください。2021年5月31日(月曜日)の消印有効です。

電子申請

専用の申請フォームこのリンクは別ウィンドウで開きますにアクセスし、必要事項の入力等を行ってください。(令和3年3月18日(木曜日)から入力が可能です。)
なお、電子申請では、必要な添付書類を事前にメールで送信いただくなどの注意点があります。
次の手順書を必ずご確認ください。

よくあるお問い合わせ

お問い合わせが多い項目を、一問一答形式でまとめました。

留意事項

不正受給が判明した場合は、支援金全額に加えて久留米市補助金等交付規則に基づく加算金等を請求します。また、事業者名等を公表する場合があります。

問い合わせ先

事業者支援金コールセンター(平日:9時~17時)
電話番号:0942-30-9828
FAX:0942-30-9757

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部商工政策課
 電話番号:0942-30-9133 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ