トップ > 市政情報 > 予算・決算・財政 > 予算 > 平成29年度予算 > 平成29年度予算の概要

平成29年度予算の概要

更新日:201704031538


「一人ひとりを大切に 安心、活力に満ちた久留米づくり“日本一住みやすいまち・久留米”を目指して」

予算編成の方針

 日本全体が本格的な人口減少、超高齢社会に向かっており、労働力不足や市場の縮小、社会保障費の増大等が課題となり、とりわけ地方における影響が懸念されています。

 そのような中、平成29年度は、健全財政を維持しつつ、第3次基本計画やキラリ創生総合戦略に掲げる施策を着実に前進させ、市民の皆様がこの地に誇りと愛着を持っていただけるまち、市外の皆様には、訪れてみたい、住んでみたいと思っていただける「日本一住みやすいまち・久留米」の実現に向けた予算を編成しました。

予算の概要

 久留米市の平成29年度一般会計の予算規模は、前年度比1.9%増の1,359億8,000万円となりました。

 歳入面では、主要な一般財源である市税は、個人市民税や固定資産税の増等により前年度比で2.2%の増、国から交付される地方交付税は、合併算定替の逓減などにより2.0%の減、借入金である地方債は13.5%の増となりました。なお、地方債の借入にあたっては、後年度において地方交付税で措置される有利な地方債の活用など、将来の財政負担の軽減に努めます。

 また、様々な行政課題に対応するための財源として、主要4基金(財政調整基金、土地開発基金、都市建設基金、減債基金)を40億円活用することとしました。

 一方、歳出面では、事業の選択と集中を図りながら、高齢者や子育て支援、地方創生の取り組みなど、住民福祉の増進や経済の浮揚に必要な事業を重点的に推進し、多様化する行政ニーズに最大限対応しました。

 次に、特別会計のうち、国民健康保険事業は、収納対策の強化をはじめ、特定健診・特定保健指導の受診率・実施率の向上等に引き続き取り組み、被保険者の健康増進・医療費の適正化に努めます。介護保険事業は、保険給付の適切な実施をはじめ、介護予防の充実や認知症施策の推進など、地域包括ケアシステムの構築に積極的に取り組みます。

 次に、公営企業会計は、安全な水の安定供給に取り組む水道事業会計に77億7,400万円、また、環境にやさしい安全・安心な下水道事業の展開に取り組む下水道事業会計に170億円を計上しています。

 この結果、11特別会計及び公営企業会計を含めた平成29年度の久留米市予算総額は、2,518億5,200万円で、前年度比1.1%の増となっています。

平成29年度予算規模

平成29年度予算規模

このページについてのお問い合わせ

 総合政策部財政課
 電話番号:0942-30-9117 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ