トップ > 市政情報 > 人権・同和問題・男女平等 > 人権擁護 > 「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

更新日:201702211421


 2016(平成28)年12月9日に「部落差別の解消の推進に関する法律」が成立、同月16日に公布・施行されました。
 この法律は、現在もなお部落差別が存在すること、それとともに、情報化の進展に伴って部落差別に関する状況の変化が生じていることを踏まえて制定されたものです。そして、基本的人権を保障する日本国憲法の理念にのっとり、部落差別の解消に関する基本理念を定め、国及び地方公共団体の責務を明らかにするなど、部落差別の解消を推進し、もって部落差別のない社会を実現することを目的としています。
 久留米市でも、部落差別のない社会の実現というこの法律の基本理念に基づいた、人が人間として等しく尊重され、人権侵害のない、お互いの人権を尊重し合うまち、そして多様な人々がそれぞれの個性、能力を発揮できるまちを目指します。

  1. 条文PDFファイル(115キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
  2. 附帯決議(衆議院)PDFファイル(187キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
  3. 附帯決議(参議院)PDFファイル(36キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
  4. 啓発チラシ(法務省作成)PDFファイル(333キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部人権・同和対策課
 電話番号:0942-30-9045 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ