トップ > 市政情報 > 人権・同和問題・男女平等 > 男女平等政策 > パープルキャンペーンを行いました

パープルキャンペーンを行いました

更新日:201712220948


 毎年11月12日から25日は、内閣府男女共同参画推進本部で決定された「女性に対する暴力をなくす運動」期間であり、毎年全国の自治体等が、女性に対する暴力根絶の象徴である「パープルリボン」の普及啓発とともに様々な運動を行っています。
久留米市においても、このような活動を「パープルキャンペーン」と称して、次の取り組みを行いました。

パープルツリーの点灯式

平成29年10月24日に、久留米シティプラザにおいて、パープルツリーの点灯式を行いました。
このパープルツリーは、女性と女児の地位向上を目的として活動する団体である「国際ソロプチミスト久留米」様から、寄贈していただきました。

点灯式に立ち会う久留米市長と古賀会長のイメージ  点灯式は、国際ソロプチミスト久留米の古賀会長にもご協力いただきました。

ツリーの前にした市長と国際ソロプチミスト久留米の皆様のイメージ 当日は、国際ソロプチミスト久留米の皆様にも点灯の瞬間に立ち会っていただきました。

 パープルツリーは、女性に対する暴力根絶の象徴であるパープルリボンを、ツリーにたくさんつけることで、パープルリボンを多くの方に知ってもらうとともに、女性に対する暴力の根絶を広く呼びかけます。
 被害にあった女性に対し、「あなたはひとりではありません。ひとりで悩まず、まずは相談してください。」というメッセージが込められています。


JR久留米駅設置したパープルツリーのイメージ  なお、パープルツリーは、平成30年1月8日まで、JR久留米駅東西自由通路に設置します。是非、ご覧ください。

久留米シティプラザのパープルライトアップ

紫色にライトアップされたシティプラザのイメージ  11月12日に、久留米シティプラザの一部を紫色にするパープルライトアップを行いました。写真の中央部分に見えるのが、寄贈されたパープルツリーです。


紫色にライトアップされたシティプラザのシンボルツリーのイメージ  パープルツリーを背にパープルリボンを着けたくるっぱのイメージ

 久留米シティプラザのパープルライトアップに合わせ、シンボルツリーもパープルにライトアップしました。
 また、ライトアップ当日は、パープルリボンを着けたくるっぱも久留米シティプラザで、女性に対する暴力がなくなるよう、来訪者に呼びかけ等を行いました。

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部男女平等政策課
 電話番号:0942-30-9044 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ