トップ > 市政情報 > 人権・同和問題・男女平等 > 男女平等政策 > 男女共同参画フォトコンテスト入賞作品

男女共同参画フォトコンテスト入賞作品

更新日:201210011323


男女共同参画フォトコンテスト入賞作品が決定しました

久留米市では、市民の皆さまに、男女共同参画について身近な問題として考えていただくため、家庭、職場、学校、地域など様々な場での男女共同参画の様子を撮影した写真を募集しました。
50点の応募があり、審査の結果、次の6作品が最優秀賞作品及び優秀賞作品に選ばれました。

最優秀賞

棚町 良真 様(三井郡大刀洗町) 「これでいいの?」

最優秀作品 「これでいいの?」 作品メッセージ
バス運行前にタイヤの点検をしている女性運転手。大勢の命を預かる仕事、大事な始業前点検は、男、女に関係なく、しっかり確認して安全運転に努めている。

優秀賞

石山 信幸 様(御井町) 「協同学習」

優秀作品 「協同学習」 作品メッセージ
写真のテーマは「互いを伸ばす学び合い」です。写真は南筑高校の数学の授業での協同学習の時間に、女子生徒が男子生徒への説明の途中「もっと解って欲しい!」と興奮して立ち上がった瞬間です。二人は部活でも教室でも互いを伸ばし合っています。

鶴久 美代子 様(国分町) 「救います!この命!(訓練中)」

優秀作品 「救います!この命!(訓練中)」 作品メッセージ
過酷な職業で男性の中で働いている姿はたくましく、これからもっと女性が活躍できる社会を同じ女性として作っていけたら・・・

木下 涼子 様(中央町) 「我が家の役割分担」

優秀作品 「我が家の役割分担」 作品メッセージ
我が家の毎朝の光景です。私(母)が前夜に洗濯機のタイマーを入れ翌朝夫と息子が干します。毎日の事なので、2人とも手慣れたものです。共働きのため、家事もしっかり分担していて、私も気持ちよく外で働けます。みんなで住む家、みんなで手分けして生活するべきですよね!

髙良 慶治 様(東櫛原町) 「棚田に生きる」

優秀作品 「棚田に生きる」 作品メッセージ
下段の田から上段の田へ、代掻き機を老夫婦が移動させている。狭き田で夫婦二人生きて行く、日本農業の原風景。そこには夫婦という絆があった。

山﨑 万里子 様(本町) 「カジダン修行中」

優秀作品 「カジダン修行中」 作品メッセージ
得意料理は、おみそ汁。手のひらの上でお豆腐切るのだって、おてのもの。使い込んだマイ包丁をにぎり、真剣なまなざしで額に汗している我が息子(小1)。家事のできる男子を目指しています。

表彰式

日時 平成24年10月7日(日曜)12時45分から
会場 えーるピア久留米視聴覚ホール

応募作品の展示

平成24年10月1日(月曜)〜7日(日曜) えーるピア久留米2階
平成24年10月10日(水曜)〜16日(火曜) コスモすまいる北野
平成24年10月17日(水曜)〜23日(火曜) 田主丸そよ風ホール
平成24年10月24日(水曜)〜30日(火曜) 三潴公民館
平成24年10月31日(水曜)〜11月6日(火曜)インガットホール(城島町)

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部男女平等政策課
 電話番号:0942-30-9044 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ