トップ > 市政情報 > NPO・ボランティア活動(市民活動) > 災害ボランティア情報

災害ボランティア情報

更新日:201907231132

災害ボランティアについて

 災害ボランティアは、災害による一定規模以上の被害が発生した場合に、被災者の日常生活の回復を支援するためのボランティア活動に参加する個人又は団体です。
 被災地の状況は刻々と変化しますので、現地の情報確認と事前の準備を十分に行ったうえで活動ください。

災害ボランティアに関する全国の情報

活動上の注意事項

災害ボランティア活動に参加する際の基本的な注意事項を案内しています。

ボランティア活動保険について

 被災地での災害ボランティア活動を行う際は、ボランティア活動保険への加入が必要になります。活動中のさまざまな事故によるケガや損害賠償責任を補償する保険です。
被災地の負担を少しでも軽減させるため、事前に在住地や勤務地等の社会福祉協議会で加入手続きを行ってください。
久留米市での申し込み先は久留米市社会福祉協議会です。

災害ボランティア車両の高速道路無料措置について

 この制度は、災害発生後、被災地の都道府県知事からの要請を受けて、高速道路会社が無料措置を実施した場合にのみ適用されます。 2019年7月1日以降に発生する災害について、災害ボランティア車両の高速道路無料措置にかかる「災害派遣等従事車両証明書」の取得における手続きが簡素化されました。

 簡素化された手続きの概要は次のリンク先よりご確認ください。

災害時のボランティアツアー実施に係る取扱いについて

 災害時のボランティアツアーの実施については、平成29年7月28日付け観光庁通知(観観産第174号)により、事前に災害ボランティアツアー参加者名簿を被災又は送り出しの自治体又は社会福祉協議会等準公的団体のいずれかに提出することで、旅行業法に抵触することなく、ボランティアツアーの募集や料金収受ができるようになりました。
 ボランティアツアーの主催をお考えの皆様は、参考にされてください。
 なお、実施する場合は、事前に参加者名簿を提出していただくこととなります。

令和元年7月21日からの大雨に関する情報

 令和元年7月21日の豪雨で被災された方の相談を7月22日から受付し、泥やがれきの撤去、水に浸かった家財の片付けなどボランティアがお手伝いします。
 併せて、ボランティア活動に参加していただける方を募集します。

平成30年7月豪雨に関する情報 

 7月9日より開設しておりました久留米市災害ボランティアセンターは、ボランティアニーズが一定収束したことから、7月22日(日)17時をもちまして久留米市災害ボランティアセンターを閉所いたしました。
 これまで898人を超えるボランティアの皆様にご協力をいただき、92件を超えるニーズに対応してまいりました。 

平成29年九州北部豪雨に関する情報

平成28年熊本地震に関する情報

東日本大震災に関する情報

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部協働推進課
 電話番号:0942-30-9064 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ