トップ > 市政情報 > まちづくり・交通 > 景観づくり > 景観アドバイザー制度

景観アドバイザー制度

更新日:201509290830


景観アドバイザーについて

 久留米市では、魅力ある景観の形成を推進し、地域の特性を活かした景観づくりを支援するため、平成27年10月1日より「久留米市景観アドバイザー制度」を創設しました。
 久留米市景観アドバイザー制度とは、建築、土木、色彩、屋外広告物、京町(京町周辺景観重点地区)の各分野における専門家が、皆様からの建築物や工作物、屋外広告物等に関する景観上の相談に対し、助言(アドバイス)を行う制度です。

 「久留米市景観アドバイザー制度」チラシ PDFファイル (294キロバイト)

主な相談内容

久留米市景観アドバイザー

久留米市景観アドバイザー名簿
担当 氏名 役職名
建築
大森 洋子  
久留米工業大学建築・設備工学科教授
土木
柴田 久   
福岡大学工学部社会デザイン工学科教授
色彩
山下 三平  
九州産業大学工学部都市基盤デザイン工学科教授
屋外広告物
中尾 伸一  
福岡県広告美術協同組合連合会会長
京町地区
松本 安弘  
建築士(久留米市景観整備機構)

 (敬称略)

相談日など

申請方法

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部都市計画課
 電話番号:0942-30-9083 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ