トップ > 市政情報 > まちづくり・交通 > 交通 > 久留米広域定住自立圏都市交通基本計画

久留米広域定住自立圏都市交通基本計画

更新日:201304161159


計画策定の背景

久留米広域定住自立圏の形成

久留米広域定住自立圏の構成市町 久留米市・大川市・小郡市・うきは市・大刀洗町・大木町の4市2町は、「久留米広域定住自立圏」を形成し、連携・協力を密にしながら、個々の地域がより個性を発揮できる魅力と活力に満ちた圏域づくりを進めています。

久留米広域定住自立圏都市交通基本計画の策定

本圏域においても人口減少や少子高齢化社会が到来しています。
 公共交通の利用者は年々減少しており、特に、路線バスは不採算路線からの撤退や減便に追い込まれています。今後、進展する人口減少や少子高齢化社会において、通勤、通学、通院及び買物等の日常生活を営む上で、必要不可欠な生活の移動手段となる公共交通を維持・確保していくことが、重要な課題となっています。また、圏域の第1次産業、第2次産業の低迷や魅力ある地域資源の活用、近年頻発している大規模な自然災害への対応も重要な課題となっています。
 このような状況のもとで、本圏域における都市交通の目標を共有し、本圏域の構成市町が連携して取り組みを進めるために、概ね20年後を見据えた都市交通における目標と本圏域の交通課題解決の方向性を示した久留米広域定住自立圏都市交通基本計画を策定しました。

計画の内容

都市交通の目標像

都市交通の目標像  本圏域が抱える都市交通課題の解消を図り、久留米広域定住自立圏共生ビジョンの目指す「安全・安心な生活環境の確保」「足腰の強い産業経済の確立」の実現に向けた、都市交通の目標像。

都市交通の基本方針

圏域が目指す『都市交通』の目標像の実現に向け、構成市町が連携して進めていく取り組みの方針。

  1. 広域的な連携を高め魅力と活力を育む交通体系の形成
    基本方針1 圏域内外の連絡性向上を図る道路網の構築
    基本方針2 鉄道等の利便性を高める交通環境の充実
    基本方針3 魅力ある地域資源への回遊性を高める交通環境の充実
  2. 誰もが安全・安心に暮らせる持続可能な交通体系の形成
    基本方針4 地域公共交通の再構築による移動手段の充実・強化
    基本方針5 安全・快適な移動環境の充実
    基本方針6 災害に強い交通環境の構築
  3. 住民等・交通事業者・行政の協働による交通施策の推進
    基本方針7 協働による交通施策の推進体制の構築
    基本方針8 協働による公共交通利用促進

交通実態アンケートの結果

公共交通利用者アンケート調査及び高齢者の交通実態に関するアンケート調査

 本計画策定の参考とするため、「公共交通利用者アンケート調査」及び「高齢者の交通実態に関するアンケート調査」を平成22年12月に実施しました。「公共交通利用者アンケート調査」は各市町の公共交通利用者の方々を対象に行い、2,905人の方より回答がありました。「高齢者の交通実態に関するアンケート調査」は各市町の65歳以上の方々を対象に行い、5,025人の方より回答がありました。

新幹線利用者アンケート

 本計画策定の参考とするため、平成23年3月に全線開業した九州新幹線利用者の交通実態を把握する「新幹線利用者アンケート調査」を平成23年9月に実施しました。「新幹線利用者アンケート調査」は新鳥栖駅、久留米駅及び筑後船小屋駅のいずれかの新幹線駅を利用された方を対象に行い、2,671人の方より回答がありました。

【問合せ先】
久留米市都市建設部都市デザイン課 電話番号 0942-30-9092
大川市まちづくり推進課 電話番号 0944-85-5602
小郡市総務部企画課 電話番号 0942-72-2111 
うきは市企画課 電話番号 0943-75-4984
大刀洗町企画財政課 電話番号 0942-77-0173
大木町企画調整課 電話番号 0944-32-1036

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部交通政策課
 電話番号:0942-30-9092 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ