トップ > 市政情報 > 久留米市の紹介 > 歴史 > 久留米市のあゆみ

久留米市のあゆみ

更新日:201006100829


平成

平成21年 一番街プラザがオープン
       JR久大本線・久留米高校前駅が開業
       定住自立圏の中心市を宣言
       市制施行120周年・石橋正二郎氏生誕120年
       校区まちづくり連絡協議会が設立
       久留米広域消防本部がスタート
       ガス事業を久留米ガスへ譲渡
       みづま総合体育館がオープン
       城島げんきかんがオープン
       一番街多目的ギャラリーがオープン
       神籠石サミットを開催
       第1回九州B−1グランプリを開催
平成20年 久留米つばき園が開園
       九州の県庁所在地以外で初の中核市へ移行、保健所を設置
       教育センターを開設
       道の駅くるめが開駅
       ふるさと・くるめ応援寄付がスタート
       ダイハツ九州久留米工場が完成
       JR久留米駅東西自由通路工事が着工
       東合川野伏間線の一部区間が開通
       ほとめきまち旅博覧会を開催
       B−1グランプリin久留米を開催
平成19年 ダイハツ工業が吉本工業団地にエンジン工場建設を決定
       江藤市政2期目がスタート
       筑後川にくるめ舟通しが完成
       九州新幹線・久留米駅舎のデザインが決定
       市民流水プールがリニューアルオープン
       総務大臣に中核市指定を申し出
       モデスト市との姉妹都市締結15周年
平成18年 久留米ほとめき通り商店街を結成
       合併1周年記念久留米音楽の祭典を開催
       中央公園に貯留施設が完成
       国道3号東櫛原・通町間が4車線化
       新総合計画第2次基本計画を策定
       久留米広域小児救急センターを設置
       石橋文化センター開園50周年
       暴力追放市民総決起大会で特別決議を行う
       水の祭典35周年
       上海市松江区との交流15周年
       紫灘旗高校弓道大会が初の全国大会として開催
       食育都市宣言を行う
平成17年 新久留米市が誕生(久留米市、田主丸町、北野町、城島町、三潴町の合併)
       新久留米市の歌が完成
       杉谷埋立地第一処分場が完成・供用を開始
       合肥市との友好都市締結25周年
       久留米・広川新産業団地が完成
       新行政改革行動計画がスタート
       ほとめき宣言を行う
       市民活動サポートセンターが開設
       ねんりんピックふくおか2005交流大会を開催
       国道209号津福バイパスが完成
平成16年 久留米市・田主丸町・北野町・城島町・三潴町の合併が正式決定
       バイオ・インキュベーションセンターがオープン
       筑後川花火大会・2会場で分散開催
       西鉄花畑・試験場前駅が高架に
       とびうめ国文祭を開催
       食料・農業・農村基本条例を施行
       公的個人認証サービス、電子証明書の発行開始
       高齢者安心登録制度を開始
       機密文書・剪定枝リサイクルを開始
       市庁舎を完全分煙に
       市庁舎にオストメイト用トイレを設置
平成15年 久留米広域合併協議会を設置
       路上違反広告物追放登録員制度がスタート
       青木繁旧居がオープン
       男女平等を進める条例を施行
       九州新幹線工事事務所が開所
       久留米アジアバイオ計画が構造改善特区に認定
       筑後川発見館・くるめウスがオープン
       六角堂広場がオープン
       久留米ビジネスプラザビルがオープン
       久留米大学と事業協力協定を締結
平成14年 学校完全週5日制開始
       新情報公開制度がスタート
       天然ガスを導入
       クリーンパートナー制度がスタート
       河川防災ステーションが完成
       子育て交流プラザがオープン
       モデスト市との姉妹都市締結10周年記念事業
平成13年 浦山公園が完成
       特例市となる
       新総合計画がスタート
       えーるピア久留米が完成
       九州新幹線、博多〜船小屋間工事起工式
平成12年 久留米大学前駅が完成
       二千年橋が開通
       介護保険がスタート
       日本住血吸虫病撲滅宣言
       オフィス・アルカディアが分譲開始
       合肥市との友好都市締結20周年記念事業
平成11年 市政施行110周年記念式典
       東京事務所が開設
平成10年 ごみの17種類分別収集がスタート
       石橋幹一郎氏の遺族から5億円の寄附
       市消防発足50周年記念イベント
       おおはし歴史公園が完成(石浦大橋復元)
       上津・藤光および大善寺の土地区画整理事業が完成
       大牟田線連立事業に着手
       山辺道文化館がオープン
       ふれあい農業公園が完成
平成9年  石橋幹一郎名誉市民が逝去
       オフィス・アルカディア起工式
       久商地区が都市景観大賞を受賞
       ふるさと市民賞を新設
       地域防災無線システムを整備
       市民ふれあい農園が完成
       姉妹都市締結5周年を記念し、米国モデスト市を訪問
       事業所専用指定袋制度(戸別有料回収)が開始
       全国椿サミットを開催
平成8年  石橋美術館別館が開館
       石橋文化センター開園40周年記念行事
       市民流水プールがオープン
       前津江村とのふるさと協定締結10周年記念事業
       團伊玖磨氏に文化章を贈呈
平成7年  新市庁舎がオープン
       石橋美術館別館が完成
       合川ハイテクパーク、宮ノ陣産業団地が完成
       シルバー会館が完成
       健康福祉センタースパリゾートホテル久留米がオープン
       久留米・合肥市友好郡市締結15周年
       第16回国勢調査、82,799世帯、234,433人
平成6年  国道322号バイパスが完成
       東町地下自転車駐輪場が完成
       未曾有の大渇水
       南部浄化センターが完成
       久留米市中小企業勤労者福祉サービスセンター事業を開始
       久留米大学附属医療センター、県森林林業技術センターがオープン
       鬼夜が国の重要無形民族文化財に指定される
       第1回全国箏曲コンクールを開催
平成5年  ごみ指定袋制度がスタート
       上津クリーンセンターが稼働開始
       地方拠点都市に久留米地域が指定
       養護老人ホーム長生園が完成
       久留米警察署新庁舎が完成
       市内5か所に市民センターが完成
平成4年  高牟礼中学校が開校
       モデスト市と姉妹郡市を締結
       久留米・合肥友好美術舘が完成
       新久留米大橋が完成
平成3年  政治倫理条例を制定
       くるめ国際交流協会が発足
       個人情報保護制度を制定
       台風17・19号で大被害
平成2年  青少年科学館がオープン
       世界つつじセンターがオーブン
       とびうめ国体が開催
       筑紫ケーブルテレビが開局
       久留米市観光コンベンション協会を設立
平成元年 久留米百年公園が開園
       市制施行100周年記念式典
       世界つつじまつリ89くるめを開催
       久留米リサーチ・センタービルがオープン
       久留米コンピュータ・カレッジが開校

昭和

昭和63年 筑後川カヌー艇庫落成
       勤労者体育施設落成
       あけぼの商店街大火
昭和62年 集1回「愛と平和のコンサート」を開催
       総合福祉会館落成
       情報公開制度が開始
昭和61年 久留米市斎場落成
       前津江村とふるさと交流協定を締結
昭和60年 共同福祉施設落成
       筑後川101フェアを開催
       テレトピア構想策定地域指定
昭和59年 草野歴史資料館落成
       市制95周年記念式典
       テクノポリス地域指定
       筑後大ぜきが完成
昭和58年 中央公園に「愛の泉」噴水が完成
       都市再開発ビルが完成
       地場産業振興センターが落成
昭和57年 テクノポリス開発構想策定地域指定
       金丸川、筒川排水ポンプ場が完成
昭和56年 テクノポリス基本構想策定地域指定
       救命救急センターが完成
昭和55年 中国合肥市と友好都市締結
       九州安全衛生技術センター、久留米地域職業訓練センターが開設
昭和54年 市制施行90周年記念式典
       市の木市の花にクルメツツジを選定
       久留米モデル定住圏が正式指定
       総合児童センターが完成
昭和53年 (日中平和友好条約調印)
昭和52年 サンライフ久留米落成
       広域上水道給水を開始
昭和51年 市民流水プールが完成
       総合福祉センター落成
昭和50年 郡山市との姉妹都市締結
       第1回ふるさと農業まつりを開催
       緑花流通センター落成
昭和49年 長門石橋が完成
       久留米スポーツセンター落成
       全国高等学校総合体育大会を開催 久留米にて開会式・陸上競技・剣道が行われる
昭和48年 久留米市公共下水道が供用開始
       九州縦貫高速道、鳥栖〜熊本間が開通
昭和47年 久留米まつりが始まる
       (沖縄、米国より返還)
昭和46年 老人の医療無料化が実施される
       (万国博、大阪で開催)
昭和44年 市民会館落成
       (米国アポロ11号月面着陸)
昭和43年 皇太子同妃殿下行啓
       耳納スカイラインが完成
昭和42年 三潴郡筑邦町・三井郡善導寺町と合併
昭和39年 (東京オリンピック開催、東海道新幹線開通)
昭和37年 中央卸売市場鮮魚部卸売人として農林大臣の許可を得て業務開始
昭和35年 三井郡草野町と合併
       国民年金制度が発足
       倉田泰蔵氏遍照院に庭園を新設し寄贈
昭和33年 三井郡宮ノ陣村・山本村と合併
       梅林寺外苑なる
昭和32年 東京日比谷公園にて久留米つつじ市を開催
       石橋正二郎氏市長公舎および小学校9校分のプールを寄附
昭和31年 石橋正二郎氏石橋文化センターを新設し、市に寄贈
       (国際連盟加盟)
昭和29年 九州朝日放送(株)KBCラジオが放送開始
       三本松公園に動物園付設
昭和28年 6月26日大洪水、瀬下水位9メートル・浸水家屋9,857戸・罹災者47,885人、死者5人
昭和27年 久留米市教育委員会が発足
昭和26年 三井郡合川村・上津荒木村・山川村・高良内村と合併 高良内財産区を設置
昭和25年 県立筑後川公園指定
       第7回国政調査、21,160世帯、100,997人
昭和23年 市警察、市消防本部および消防署が発足
       市競輪場を設置
昭和22年 普通選挙により、市長岡幸三郎、県知事杉本勝治当選
       久留米職業安定所を設置
昭和21年 市農地委員会、市選挙管理委員会を設置
昭和20年 8月11日空襲、市都心部の70パーセントが焦土と化す、罹災戸数4,506戸・災死者212人
       国立久留米病院が発足
       (ポツダム宣言受諾)
昭和19年 国鉄鹿児島本線、筑後川鉄橋複線(上り)が開通
       保健所が開設
       (学徒動員)
昭和18年 三井郡御井町と合併
昭和17年 (関門トンネル開通)
昭和16年 小学校を国民学校と改称
       市設卸売市場を開設
       米穀配給制
       (太平洋戦争おこる)
昭和14年 国立久留米高等工業学校が開校
       市警防団を結成
昭和13年 市立図書館を開設
       市常備消防本部を設置
昭和12年 旭屋デパート(久留米井筒屋前身)が開店
昭和11年 (2・26事件おこる)
昭和9年  久大線全線が開通
昭和8年  市じんかい焼却場を建設
       (国際連盟より脱退)
昭和7年  久留米市誌を発行
       豆津橋(鉄筋)が完成
       (5・15事件・上海事変おこる)
昭和6年  ブリヂストンタイヤが設立
       体育協会が設立
       (満州事変おこる)
昭和5年  市公会堂落成
       日吉町新天百貨店大火災、映画館および店盛45戸全焼
昭和4年  市庁舎新築落成
       上水道通水式
昭和3年  久大線久留米〜吉井間開通 筑後軌道の電車廃止
       九州医専(久留米大学の前身)を開設
昭和2年  久留米市職業紹介を開設

大正

大正13年 久留米〜福岡間急行電車が開通
     宮ノ陣橋が完成
       三井郡国分町と合併
大正12年 三井郡節原村と合併
大正11年 私立南筑中学校が開校
大正9年  第1回国勢調査、8,243世帯、45,629人
大正7年  宮入慶之助、日本住血吸虫病研究のため長門石を調査
大正6年  三潴郡鳥飼村と合併
大正5年  久留米〜甘木間三井電車が開通
大正3年  筑後川豆津橋が完成
       市内にガス供給が開始
大正2年  日吉町〜福島間三井電車が間通
大正元年 久留米〜若津間大川鉄道が開通 
     縄手町に上久留米駅を設置

明治

明治44年 天皇陛下行幸 陸軍持別大演習久留米にて行われる
       青木繁(洋画家)が死去
明治42年 市内〜国分間筑後軌道が開通
明治40年 市内に電灯、電話が開通
       第18師団司令部を設置
明治37年 西久留米に私立と場を開設
       筑後馬車鉄道久留米〜吉井間が開通
       (日露戦争おこる)
明治32年 久留米商工会議所が創立
明治31年 小森野放水路が完成
明治30年 第24旅団司令部開庁、歩兵第48連隊を置く
       私立久留米簡易商業学校を市立久留米商業学校に改称
明治29年 久留米絣福岡県重要物産に指定
明治27年 筑後義勇団結成、市内の義勇兵240人
       (日清戦争おこる)
明治25年 国分・野中・東久留米・西久留米四村合併、国分村となる
       しまやたび(アサヒコーポレーションの前身)が創業
明治24年 久留米地方裁判所を設置
明治22年 久留米市制を施行 内藤新吾初代市長となる 4,262世帯、24,750人
       久留米〜博多間の九州鉄道が開通

このページについてのお問い合わせ

 総務部総務課
 電話番号:0942-30-9052 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ