トップ > 健康・医療・福祉 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 感染症 > 12月1日は世界エイズデーです

12月1日は世界エイズデーです

更新日:202210251525


このまちで暮らしている。私もあなたも。12月1日は世界エイズデー

世界エイズデーとは

HIV(エイズ)のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的とし、WHO(世界保健機関)が1988年に制定しました。毎年12月1日を中心に、世界各国で啓発活動が行われています。

医療の進歩により、現在は適切な治療を継続して受ければ、他の人へ感染する危険性は低くなることが分かっています。

しかしながら、未だ「有効な治療法のない死に至る病」という認識から、差別や偏見を招く要因の一つになっているとも言われています。ひとりでも多くの方が自分の事として捉えてもらうため、正しい知識の普及を通じて差別や偏見の解消に繋げていきたいと考えています。

詳しくは、厚生労働省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご参照ください。

レッドリボン運動

「レッドリボン」は、HIV(エイズ)に関する運動のシンボルです。アメリカを中心に社会問題となり始めた1980年代頃から世界中で使われるようになりました。病に倒れゆく仲間達への追悼と、HIV(エイズ)と共に生きる人への理解や支援の意思が込められています。

くるっぱ(レッドリボンバージョン)

HIV(エイズ)・梅毒夜間即日検査・相談の実施について

福岡県内の報告数を占めるエイズ患者の割合は、依然として3割を超える状況が続いています。その原因として、HIVの感染に気付かないまま生活していることと、コロナ禍以降においては、受診を控えている方が多いためと考えられています。

福岡県内のHIV感染者・エイズ患者報告数

福岡県内の報告数

平成29年 平成30年 令和元年 令和2年 令和3年

令和4年

(6 月末現在速報値)

HIV感染者 54 39 44 30 29 30
エイズ患者 24 33 29 12 25 9
エイズ患者の割合(%) 30.7 45.8 39.7 28.6 46.3 23.0

また、梅毒についても県内で増えており、報告数は増加の一途を辿っています。

福岡県内の梅毒の報告数
梅毒の報告数 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年

令和3年

(速報値)

令和4年

(注意)

福岡県 227 321 277 314 349 358

(注意)令和4年は第38週(9月19~25日)までの速報値です。

そのため、久留米市保健所では感染拡大防止と早期発見を目的に、夜間即日検査を実施します。
定例検査日の来所が難しい方は、この機会に是非御予約ください。

実施内容

検査・相談の流れ

受付で番号札つきファイルと申込票やアンケート等をお渡しします。待合室にてアンケート記入後、そのまま席でお待ちください。

受付

控え室で待ちます。

控室

医師より簡単な問診をします。心配・疑問に思うことがあれば、遠慮なく相談してください。

問診

約5cc採血します。これで検査は終了です。採血終了後、エレベーター前の再来受付までお進みください。結果説明予定時刻のご案内等をいたします。

採血

約1時間後に結果説明しますので、採血後にお渡しする検査控えを必ずお持ちください。

(検査控えを紛失された場合、結果をお伝えすることができません。再度受検していただくことになります。)

(当日会場のレイアウトは、写真と若干異なる場合があります。ご了承ください。)

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9730 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ