トップ > 健康・医療・福祉 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 感染症 > HIV(エイズ)・梅毒夜間即日検査・相談について

HIV(エイズ)・梅毒夜間即日検査・相談について

更新日:202205090830


HIV(エイズ)・梅毒夜間即日検査・相談の実施について

福岡県内のHIV感染者とエイズ患者の合計を占めるエイズ患者の割合は、現在増加傾向にあります。
また、梅毒についても県内で増えており、報告数は増加の一途を辿っています。

そのため、久留米市保健所では感染拡大防止と早期発見を目的に、夜間即日検査を実施します。
定例検査日の来所が難しい方は、この機会に是非御予約ください。

実施内容

検査・相談の流れ

受付で番号札つきファイルと申込票やアンケート等をお渡しします。待合室にてアンケート記入後、そのまま席でお待ちください。

受付

控え室で待ちます。

控室

医師より簡単な問診をします。心配・疑問に思うことがあれば、遠慮なく相談してください。

問診

約5cc採血します。これで検査は終了です。採血終了後、エレベーター前の再来受付までお進みください。結果説明予定時刻のご案内等をいたします。

採血

約1時間後に結果説明しますので、採血後にお渡しする検査控えを必ずお持ちください。

(検査控えを紛失された場合、結果をお伝えすることができません。再度受検していただくことになります。)

(当日会場のレイアウトは、写真と若干異なる場合があります。ご了承ください。)

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9730 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ