トップ > 健康・医療・福祉 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 難病 > 臓器提供の意思表示について

臓器提供の意思表示について

更新日:202201051300


臓器移植について

臓器移植は病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しなくなった方に、他の方の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療のことです。移植できる臓器は、心臓・肺・肝臓・腎臓(じんぞう)・膵臓(すいぞう)・小腸及び眼球(角膜)です。
日本で臓器の移植希望登録をしている人はおよそ1万3千人います。それに対して実際に、移植を受けられるかたは年間およそ200人程度です。
臓器移植は提供者の善意があって初めて成り立つ医療です。今、わたしたち一人ひとりが臓器移植についてじっくりと考え、家族と話し合い、自分の臓器提供に関する意思を表示することが大切です。

臓器移植法の一部改正について(平成22年7月17日〜)

次のような場合も臓器の提供が可能になりました。

次のような対応をとることが追加されました。

臓器提供意思カードの設置場所について

臓器提供意思表示カードは、久留米市役所・久留米市保健所・各総合支所(4)・各市民センター(5)・城島げんきかん・コスモすまいる北野の窓口に設置しています。また、インターネットでも臓器提供の意思表示ができます。

詳しくは下記のホームページをご覧ください。
公益社団法人 日本臓器移植ネットワークのホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

公益社団法人 日本臓器移植ネットワークのモバイルサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省からの通知

2021年11月29日に「腎臓移植希望者(レシピエント)選択基準」の一部が改正されました。
改正後の選択基準は、下記をご確認ください。

厚生労働省 臓器移植関連ページこのリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所健康推進課
 電話番号:0942-30-9729 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ