トップ > 健康・医療・福祉 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

更新日:202105062211

ワクチン概要 接種の流れ 接種会場

ワクチンについて 相談窓口、Q&A 接種予約(準備中)

久留米市は、希望される全ての方が安心して新型コロナワクチンを接種できるよう準備を進めています。ワクチンは国から徐々に供給されます。久留米市への供給量に合わせて、接種対象を拡大する予定です。


令和3年4月の久留米市へのワクチン供給量は、4月19日の週に2箱、26日の週に1箱の計3箱で、概ね1500人分です。供給量が少ないので、高齢者全員(約8万7千人)の予約を始めると混乱します。そのため、クラスター対策と重症化予防の観点から、まずは「医師が配置されている高齢者施設等に入所中の高齢者」から接種を開始いたします。
なお、施設入所者以外の高齢者は、現時点では令和3年5月6日に予約を開始し、5月19日に接種を開始する予定です。
ただし、ワクチン供給の関係で変更になる場合があります。

(注意)情報は随時更新します。

お知らせ・新着情報

5月6日から高齢者の接種予約を開始 

ワクチン接種の概要

対象者

接種する日に久留米市内に住民票がある16歳以上の方。
ワクチンは徐々に供給されますので、一定の接種順位を決めて接種を行います。
重症化リスクやワクチン供給の状況を踏まえ、今後、以下の順に接種を行う予定です。

  1.  医療に従事している方
  2. 65歳以上の高齢者
  3. 「基礎疾患がある」「高齢者施設等に従事している」「60歳から64歳」のいずれかに該当する方
  4. その他の方

(注意)年齢は、令和4年3月31日時点での満年齢です。(以下同じ)
(注意)1~3の対象について詳細は厚生労働省の示す接種順位の考え方PDFファイル(383キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

長期入院、長期入所している方など、やむを得ない事情がある場合は、住民票所在地以外でもワクチン接種を受けることができます。
住民票所在地以外で接種する場合、手続きが必要かどうかは下の表で確認できます。

住民票所在地以外での接種
手続き 対象者 接種に必要なもの
手続き不要 ・入院、入所中の方
・基礎疾患があり、主治医のもとで接種する方
・災害の被害にあった方 など
・住民登録地に送られるクーポン券
手続き必要 ・出産のために里帰りしている妊産婦
・遠隔地に下宿している学生
・単身赴任中の方
・DV、ストーカー行為等の被害者 など
・住民登録地に送られるクーポン券
・住所地外接種届出済証(接種を行う市町村に事前の届け出が必要)

接種開始時期

高齢者施設の入所者は令和3年4月26日以降にワクチンが届き次第、開始します。
上記以外の高齢者は5月19日(予定)【予約は5月6日から(予定)】

(注意)ワクチンの供給量次第で変更になる場合があります。

接種の費用

無料

接種回数と接種間隔

現在日本で薬事承認されているファイザー社製のワクチンは2回必要
1回目の接種から3週間後に2回目を接種。
(例:1回目を令和3年6月1日(火曜)に接種した人は、2回目を6月22日(火曜)に接種)
1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種実施場所

協力医療機関、公共施設、かかりつけ医で実施します。詳しい情報は「接種会場」をご覧ください。

接種手順

次の手順で接種します。詳しくは「接種の流れ」をご覧ください。

  1. 久留米市から郵送される通知を受け取る​
  2. 会場、時間等を選んで予約する
  3. 予約した日に、予約した会場で1回目を接種
  4. 3週間後、2回目の予約日にもう一度接種(2回目の予約がまだの場合は、再度予約し接種)

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、すべての皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、強制ではありません。本人の同意がある場合に限り接種します。
予防接種の際は、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方を理解した上で、自らの意志で接種を受けてください。本人の同意なく、接種されることはありません。
また、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めてまれに起こります。
そのため、救済制度があり、副反応で医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種も、健康被害が生じた場合には救済を受けることができます。
なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご参照ください。

このページの先頭へ

接種の流れ

1.通知

65歳以上の高齢者には、令和3年4月20日頃からクーポン券が郵送されます。
それ以外の方は、6月以降に発送の予定です。決まり次第お知らせします。
クーポン券は白い封筒PDFファイル(73キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますで送られ、次の1から5の書類が同封されています。

  1. クーポン券PDFファイル(135キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます  予約の時は準備してください。接種の時は会場に持ってきてください。
  2. 予診票 PDFファイル(341キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます(同じものが2枚)1回目、2回目とも接種の前に1枚記入し、会場に持ってきてください。
  3. 全国共通の案内チラシPDFファイル(205キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
  4. 市の案内チラシPDFファイル(489キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
  5. ワクチンの説明書PDFファイル(197キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

クーポン券の再発行について

ワクチンの接種には、クーポン券が必要です。しかし、何らかの事情により、クーポン券を紛失、減失、破損等した場合で、再発行を希望される場合は、住民票所在地の市町村への申請が必要になります。

クーポン券の再発行申請ができる場合は以下のとおりです。

  1. 電話での申請(住民票所在地に再度発送する場合のみ)
    新型コロナウイルス相談センターに、電話で接種券の再発行を依頼します。
    電話で聞きとった内容を確認し、問題がなければ郵送にて再交付します。申請から交付まで1週間程度かかります。
    久留米市新型コロナウイルス相談センター(受付時間:8時30分~21時00分)
     電話番号:0942-30-9335

    (注意)電話での聞き取りでは内容確認が不十分な場合は、郵送での申請をお願いする場合があります。
  2. WEBでの申請(住民票所在地に再度発送する場合のみ)
    厚生労働省の接種総合案内サイトから申し込みができます。こちらこのリンクは別ウィンドウで開きますから手続きをしてください。内容を確認し、問題がなければ郵送にて再交付します。申請から交付まで1週間程度かかります。
    (注意)久留米市に転入したためクーポン券の発行が必要な方は、転入前の市町村での接種実績等を確認するため、郵送での申請が必要です。「久留米市に転入された方」の内容をご確認ください。
  3. 郵送での申請
    接種券再発行申請書(転入者以外)PDFファイル(347キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますに必要事項を記載し、破損等したクーポン券を同封して郵送してください。 申請内容に問題がなければ郵送にて再交付します。申請から交付まで1週間程度かかります。
     【送付先】〒830-8520 福岡県久留米市城南町15-3
    久留米市新型コロナウイルスワクチンプロジェクト宛て

久留米市に転入された方

他市町村でクーポン券の交付を受けた後、久留米市に転入された方は、転入前の市町村が発行したクーポン券を使用することはできません。久留米市で新しいクーポン券を発行しますので申請してください。
申請方法は、転入手続きをした窓口でお尋ねいただくか、転入前の市町村が発行したクーポン券を同封のうえ新型コロナワクチン新接種券発行申請書 兼 接種記録確認同意書PDFファイル(94キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますに必要事項を記載し、郵送申請してください。 申請内容に問題がなければ郵送にて交付します。申請から交付まで2週間程度かかります。転入前の市町村に確認が必要なため、転入手続の日に即時交付はできません。
 【送付先】〒830-8520 福岡県久留米市城南町15-3
久留米市新型コロナウイルスワクチンプロジェクト宛て

久留米市から転出された方

久留米市で発行したクーポン券は、転出先の市町村で使用することはできません。転出先の市町村に久留米市が交付したクーポン券をお持ちいただき、再発行申請をしてください。再発行の手続きについては、転出先の市町村にお問い合わせください。

接種の流れ

1.通知

65歳以上の高齢者には、令和3年4月20日頃からクーポン券が郵送されます。
それ以外の方は、6月以降に発送の予定です。決まり次第お知らせします。
クーポン券は白い封筒PDFファイル(73キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますで送られ、次の1から5の書類が同封されています。

  1. クーポン券PDFファイル(135キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます  予約の時は準備してください。接種の時は会場に持ってきてください。
  2. 予診票 PDFファイル(341キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます(同じものが2枚)1回目、2回目とも接種の前に1枚記入し、会場に持ってきてください。
  3. 全国共通の案内チラシPDFファイル(205キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
  4. 市の案内チラシPDFファイル(489キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
  5. ワクチンの説明書PDFファイル(197キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

2.予約

会場、時間等を選んで予約します。65歳以上の高齢者のコールセンター・WEBでの予約開始は令和3年5月6日です。それ以外の方については、ワクチンの供給量によって予約開始日を決定し、市ホームページなどでお知らせします。

予約について詳しい情報はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます


3.接種

予約した日に、予約した会場で接種します。手順は次の通りです。

  1. 自宅で、当日の体調などについて予診票を記載(1回の接種で1枚記載)
  2. 記載した予診票、接種クーポン券、本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど)を持って会場へ。
    上腕に注射するので、肩を出しやすい服装で。
  3. 検温・消毒・受付
  4. 予診票の内容確認(記載漏れがある方は会場で追記)
  5. 医師による診察
  6. 診察で問題なければワクチンを注射
  7. 接種済証を受け取る
  8. 15分~30分会場で経過観察(具合が悪くなったときは会場スタッフに伝え、医師・看護師が処置)

参考

接種の流れをまとめたスライドです。リハーサルの写真なども添付しています。
接種の流れ(スライド)PDFファイル(4130キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ

接種会場

接種は協力医療機関(10か所)と公共施設(6か所)、かかりつけ医で実施します。
当初予定していたえーるピア久留米は、会場の人の流れなどを考慮して、同施設での接種を中止しました。
なお、入院中や施設入所中の方は入院・入所中の施設で接種できる場合がありますので、施設等にお問い合わせください。

協力医療機関

次の10医療機関での接種予約はコールセンターかWEBで行います。直接、医療機関で予約することはできません。
日時・時間帯は目安です。
また、ワクチンの供給量や災害の発生、他のイベントの開催などにより、接種を実施する場所・曜日・時間帯を変更する場合があります。

協力医療機関10か所
施設名称 所在地 実施曜日 時間
久留米大学病院 旭町67このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日~金曜日 14時~16時
社会医療法人雪の聖母会 聖マリア病院
及び聖マリアヘルスケアセンター
津福本町422このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から金曜日 13時30分~16時
津福本町448-5このリンクは別ウィンドウで開きます
JCHO久留米総合病院 櫛原町21このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から金曜日 14時~17時
新古賀病院 天神町120このリンクは別ウィンドウで開きます
月曜日から金曜日 13時30分~16時30分
土曜日 9時~12時
古賀病院21 宮ノ陣3-3-8このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から金曜日 13時30分~17時
医療法人松風海 内藤病院 西町1169 -1このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から金曜日 14時~17時
高良台リハビリテーション病院 藤光町965-2このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から金曜日 14時~17時
田主丸中央病院 田主丸町益生田892このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から金曜日 13時~16時
神代病院 北野町中川900-1このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日・水曜日から金曜日 13時~16時30分
安本病院 三潴町玉満2371このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から金曜日 14時~17時

ワクチン接種に関して、上記の医療機関への直接の問い合わせは控えてください。

公共施設

当初予定していたえーるピア久留米は、会場の人の流れなどを考慮して、同施設での接種を中止しました。
次の6公共施設での接種予約はコールセンターかWEBで行います。
日時・時間帯は目安です。ワクチンの供給量や災害の発生、他のイベントの開催などにより、接種を実施する場所・曜日・時間帯を変更する場合があります。

公共施設6か所
施設名称 所在地 実施曜日 時間
久留米市役所本庁舎(2階くるみホール) 城南町15-3このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から土曜日 13時30分~16時30分
久留米アリーナ(1階武道場) 東櫛原町170-1このリンクは別ウィンドウで開きます 月曜日から土曜日 13時30分~16時30分
田主丸そよ風ホール(1階)  田主丸町田主丸770-1このリンクは別ウィンドウで開きます 水曜日・木曜日・土曜日 13時30分~16時30分
北野生涯学習センター(1階) 北野町中273-1このリンクは別ウィンドウで開きます 水曜日・木曜日・土曜日 14時~17時
城島げんきかん(2階)  城島町楢津739-1このリンクは別ウィンドウで開きます 土曜日 14時~17時
日曜日 9時30分~12時30分
三潴生涯学習センター(2階) 三潴町玉満2949-1このリンクは別ウィンドウで開きます 木曜日・土曜日 14時~17時

個別接種医療機関(かかりつけ医など)

個別接種できる医療機関(かかりつけ医など)の一覧(令和3年4月27日時点)PDFファイル(301キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

上記の医療機関で接種を希望する場合は、医療機関に直接予約してください。
予約の前に接種の条件等をよく確認してください。

個別接種できる医療機関の情報は随時更新されます。一覧に掲載がない場合でも接種できることがありますので、ご自分のかかりつけの医療機関などで接種が可能かどうかは、各医療機関に確認してください。

【注意】
寺崎医院(城島町)の印刷物(広報久留米、チラシ)への電話番号の記載に誤りがありました。
正しくは0942-62-3336となります。お詫びして訂正いたします(4月26日更新)

このページの先頭へ

ワクチンについて

新型コロナワクチンについて

新型コロナワクチンは、発症を防ぐ効果が認められています。しかし、一般的にワクチン接種の後は、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛みや発熱、頭痛などの副反応が起こる可能性があります。
ワクチンは本人の同意がある場合に接種します。ワクチンについて正しく知ったうえで、接種するかどうか判断してください。詳しくは下記のホームページをご覧ください。

コロナワクチンの有効性・安全性・副反応について

講演「新型コロナウイルスワクチンの効果と安全性について」(講師:つむら診療所 医師 津村直幹氏)
(令和3年2月19日、久留米市新型コロナウイルスワクチン接種推進協議会にて)

なお、接種後に副反応が生じたときは、以下でご相談ください。

このページの先頭へ

相談窓口

市の相談窓口(コールセンター)

福岡県の相談窓口(コールセンター)

厚生労働省の相談窓口(コールセンター)

関連情報


このページの先頭へ

Q&A

問い合わせが多い質問










このページについてのお問い合わせ

 新型コロナウイルスワクチンプロジェクト
 電話番号:0942-30-9335 FAX番号:050-3819-8312 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ