トップ > 健康・医療・福祉 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について > 小児(5~11歳)への新型コロナワクチン接種について

小児(5~11歳)への新型コロナワクチン接種について

更新日:202207250959


国は、5歳~11歳の小児へのワクチン接種を実施する方針を示しました。
国の方針を踏まえ、久留米市では小児接種を行っています。

新型コロナワクチンの接種は、義務や強制ではありません。
ワクチン接種の効果とリスクの双方について正しく理解したうえで、本人と保護者でよく話し合って、接種するかどうか判断してください。また、接種に不安を感じる場合や病気などの治療中の場合は、事前にかかりつけ医に相談してください。
なお、周りの人に接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な対応をすることがないようお願いします。

(お知らせ)現在、5歳から11歳までの小児接種は5月の枠まで予約できます

小児接種の対象者

接種する日に久留米市に住民票がある5歳から11歳の人


(注意)

使用するワクチンの種類

接種回数と接種間隔

(注意)


【接種時期に12歳になる人の注意事項】特に注意が必要です。次の内容を必ず確認してください。

新型コロナワクチンは、1回目と2回目は同一のワクチンを接種する必要があります。また、小児用(5歳~11歳)と大人用(12歳以上)のどちらのワクチンの接種対象となるかは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。

接種の流れ

1. 1・2回目接種の通知

市から対象者に以下の書類等が入った白い封筒PDFファイル(73キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますが送付されます。

  1. クーポン券PDFファイル(192キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます 予約の時は手元に準備してください。接種の時は会場に持ってきてください。
  2. 予診票PDFファイル(347キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます(同じものが2枚)1回目、2回目とも接種の前に1枚記入し、会場に持ってきてください。
  3. 市の案内チラシ(例)PDFファイル(1604キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます 送付時点の内容を反映しています。
    令和4年7月以降の予約方法変更のお知らせ(150キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます 
  4. 厚生労働省のチラシ(例)PDFファイル(2148キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます 送付時点の内容を反映しています。
  5. ワクチンの説明書(小児用ファイザー)PDFファイル(219キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

(注意)11歳の人で、小児用のワクチンでなく12歳を迎えてから大人用ワクチン接種を希望する場合は、接種できる会場や日程などが小児用ワクチンと異なりますので、1・2回目接種のページで確認してください。この場合でも、クーポン券と予診票は小児用と同じものを使用できます。


クーポン券を紛失・破損等した場合の再交付、久留米市への転入による発行を希望する人は、諸手続のページを確認して申請してください。(手続は大人用と共通)

2.予約

通知の内容を確認し、予約をします。会場や時間は最新情報を確認してください。
WEBまたはコールセンター(電話:0942-30-9816)で予約できます。
詳しくは「予約方法」を参照してください。

小児接種は、令和4年6月末までに1回目を接種する場合、1回目の予約時に、その3週間後の同じ曜日・同じ会場・同じ時間で2回目が自動予約されていました。
令和4年7月以降に1回目から予約する場合は、1・2回目とも単独の予約に変更しました。1回目から3週間以上空けて、2回目を予約してください(1回目の予約時に2回目まで予約可能です)。

1・2回目ともに小児用ワクチンを接種します。
1回目に小児ワクチンを受け、2回目の時期に12歳になっている場合でも、小児接種の予約枠で予約してください。

3. 1回目の接種

  1. 自宅で、予約当日の体調などについて予診票を記載(1回の接種で1枚記載)。予診票に保護者の署名が必要です。
  2. 記載した予診票、接種クーポン券、本人確認書類(健康保険証、マイナンバーカードなど)、親子(母子)健康手帳を持って予約した会場へ。上腕に注射するので、肩を出しやすい服装で。保護者の立ち合いが必要です。
  3. 検温・消毒・受付
  4. 予診票の内容確認(記載漏れがある人は会場で追記)
  5. 医師による診察
  6. 診察で問題なければワクチンを注射
  7. 接種済証を受け取る
  8. 15分~30分会場で経過観察(具合が悪くなったときは会場スタッフに伝え、医師・看護師が処置)

会場での動きは大人と同じです。大人用のワクチン接種の動画も参考にしてください。

4. 接種間隔を空けて2回目の接種

1回目の接種から3週間以上空けて2回目を接種します。

クーポン券発送・予約開始・接種開始時期

クーポン券発送・予約開始・接種開始時期
区分 クーポン券発送 予約開始 接種開始
5歳~11歳の人 発送済 令和4年3月13日(日曜)

令和4年4月以降に5歳になる人のクーポン券は、5歳の誕生月の前月末までに発送します。

(注意)

接種会場(小児接種)

小児接種は集団接種会場で実施します。

集団接種会場:協力医療機関公共施設

(注意)

協力医療機関

協力医療機関での接種は実施していません。

令和4年7月以降に1回目を接種できる会場は、公共施設の会場のみとなります。

公共施設

次の公共施設での接種は、インターネット(接種予約サイト)このリンクは別ウィンドウで開きますかコールセンターへの電話で予約します。

公共施設の令和4年7月1日から9月30日までの接種体制
施設名称 所在地 実施日 受付時間
久留米市役所本庁舎
(2階くるみホール)
城南町15-3このリンクは別ウィンドウで開きます 7月30日(土曜),31日(日曜)
8月6日(土曜),20日(土曜),27日(土曜)
9月3日(土曜),24日(土曜)
14時~16時30分

(注意)

予約

会場、日時等を選んで予約します。1回目から3週間以上空けて、2回目を予約してください。
(予約した場所、日時はご自身でしっかり記録して、忘れないようにしてください。)

小児用と大人用では、ワクチンの用法、用量等が異なるため、1回目に小児用、2回目に大人用を接種することはできません
詳しくは「接種回数と接種間隔」をご確認ください。

令和4年7月以降は下表のとおり予約方法を変更しています。

小児接種の予約方法の変更点
変更前(令和4年6月以前) 1回目を予約すると3週間後に2回目を自動予約
変更後(7月以降)

1回目、2回目とも、それぞれ希望する日を予約
(2回目は1回目の接種から3週間経過後を選択)

  1. インターネット予約
    新型コロナワクチン接種予約サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますで予約します。
    予約の手順は「新型コロナワクチンのインターネット予約方法」をご確認ください。
    パソコンでインターネット予約をする際は、Microsoft社のサポート終了に伴い、令和4年7月21日(木曜)以降は、Internet Explorerでは予約できなくなります。別のブラウザを使用して予約をしてください。
    なお、市公式LINE(ライン)のメニューからも予約サイトにリンクしますが、久留米市のインターネット予約でLINEに個人情報を入力することはありません。
    市公式LINEをお友だち登録しておくと、予約開始などの情報を受け取ることができます。
  2. 電話予約(コールセンター)
    久留米市新型コロナウイルス相談センター
    受付時間:8時30分~21時00分
    電話番号:0942-30-9816
    FAX番号:050-3819-8312
    (注意)ファックスは、聞こえに不安のある方で、インターネットでの予約も難しい人のための番号です。

以下は令和4年6月以前に予約・1回目の接種をした人に対する注意点です。

  • 1回目と2回目の接種は、3週間の間隔で2回セットでの予約でした。
    6月以前に1回目を接種し、2回目の予約をキャンセルする場合、コールセンターへの電話でのみキャンセルできます(インターネットではできません)。

【再予約の方法・対応】

1回目を接種して、2回目を何らかの事情で接種できなかった人は、コールセンターへの電話で2回目を再予約します。
1回目が未接種の場合、インターネットかコールセンターへの電話で、1・2回目それぞれを再予約します。

(1回目が未接種のパターン)

  • 予診の結果接種に至らなかった場合
  • 予約を事前にキャンセルした場合
  • 予約を事前キャンセルせずに、予約当日に来場されなかった場合

 

ワクチンの有効性・安全性・副反応について

新型コロナワクチン接種は、予防接種法上の努力義務(「受けるよう努めなければならない」という予防接種法上の規定)の対象となっています。ただし、5歳~11歳の小児接種では、オミクロン株についての検証がまだ十分でないことから、現時点ではこの「努力義務」が適用されず、今後の最新の科学的知見を踏まえ、引き続き議論することが適当であるとされています(詳細は厚生労働省Q&Aこのリンクは別ウィンドウで開きます)。

接種は強制ではありません。下記の厚生労働省ホームページ等やQ&Aをご確認いただき、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解し、本人と保護者でよく話し合ってお互いに納得したうえで、接種を受けるかどうか判断してください。接種に不安がある場合等は、事前にかかりつけ医等に相談してください。

新型コロナワクチンの有効性・安全性・副反応についての詳細は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種についてのページをご確認ください。

Q&A

新型コロナワクチンQ&A【小児接種】(厚生労働省)このリンクは別ウィンドウで開きます

諸手続き

このページについてのお問い合わせ

 新型コロナウイルスワクチンプロジェクト
 電話番号:0942-30-9816 FAX番号:050-3819-8312 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ