トップ > 健康・医療・福祉 > 国民健康保険・年金・医療 > 国民年金の加入・喪失 > 国民年金(第1号被保険者)への加入

国民年金(第1号被保険者)への加入

更新日:202102261123


20歳になったら

国民年金は、日本国内に住むすべての人が20歳から60歳になるまで加入する制度です。
厚生年金または共済年金に加入している方を除き、20歳になった方には日本年金機構から「国民年金加入のお知らせ」が届きます。
20歳になって2週間程度経過しても「国民年金加入のお知らせ」が届かない場合は、加入の手続きが必要です。
手続きは、医療・年金課、総合支所、または市民センターで受付けています。
なお、20歳になったときに、厚生年金・共済年金に加入されている配偶者の扶養となっている方は、配偶者の勤務先にお手続きください。
20歳になられた方向けに国民年金制度や保険料の納付方法などを動画でご案内しています。
ぜひ日本年金機構ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

必要なもの

来庁者の本人確認書類:マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証など
委任状(ご本人以外の別世帯の方が手続きされる場合)
保険料の口座振替をご希望の場合は、金融機関の通帳と届出印

退職したとき

20歳以上60歳未満の人が会社などを退職したときは、国民年金に加入する手続きが必要です。
手続きは、医療・年金課、総合支所、または市民センターで受付けています。

必要なもの

本人の年金手帳かマイナンバーカード(個人番号カード)、または個人番号が記載された住民票の写し等の番号確認書類
来庁者の本人確認書類:マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証など
退職した日が確認できる書類
委任状(ご本人以外の別世帯の方が手続きされる場合)
保険料の口座振替をご希望の場合は、金融機関の通帳と届出印

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部医療・年金課
 電話番号:0942-30-9032 FAX番号:0942-30-9107 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ