トップ > 健康・医療・福祉 > 障害者支援・地域福祉・生活支援 > 生活保護 > 生活保護にかかわる質問

生活保護にかかわる質問

更新日:202111241008


生活保護 よくある質問

質問1:住所がなくても申請できますか?

回答1:現在生活している自治体の福祉事務所で申請できます。
 定まった現住所や住民票がない場合でも現在生活している自治体の福祉事務所で生活保護を申請することができます。また現在生活している自治体と別の自治体に住民票があったとしても、現在生活している自治体の福祉事務所に生活保護の申請ができます。

質問2:生活保護の申請をしたら、親族に知られますか?

回答2:特別な事情がある場合はご相談ください。
 生活保護の申請をすると扶養義務のある親族に対して、申請者の支援ができるかどうかの確認を行います。ただし、DVや虐待などの被害があり親族に居場所を知られたくないといった特別な事情がある場合は、親族への確認を見合わせる場合もありますので申請時にご相談ください。

質問3:持ち家や土地があっても、生活保護は受けられますか?

回答3:資産価値に応じて受けることができます。
 資産価値の大きい家、土地などの不動産は売却をはじめとした資産活用をすすめますが、そうでない場合は持ち家にそのまま住んで生活保護を受けることができます。

質問4:自動車やバイクがあっても生活保護は受けられますか?

回答4:原則的には受けられません。
 自動車やバイクは資産となるため、原則として処分しなければなりません。ただし、障害者の通勤や通院、公共交通機関の利用が著しく困難な地域に居住または勤務するなどの場合に保有を認められる場合があります

質問5:住宅ローンがあっても生活保護は受けられますか?

回答5:原則的には受けれません。
 生活に充てるべき生活保護費からローンの返済を行うことになりますので、原則的には受けられません。ただし住宅の資産価値にもよりますが、ローンの返済が短期間で小額である場合には例外的に認められる場合があります。

質問6:借金があっても生活保護は受けられますか?

回答6:受けられますが、生活保護費で返済はできません。
 生活に充てるべき生活保護費で借金の返済はできません。生活保護受給中の方や経済的にお困りの方は、法テラス等の民事法律扶助による無料法律相談を受けることができますのでご相談下さい。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部生活支援第1課・第2課
 電話番号:0942-30-9023 FAX番号:0942-30-9710 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ